柏レイソルは20日、日本体育大学柏高校のFWオウイエ・ウィリアム(18)の来季加入内定、U-18所属のFW山本桜大(18)、MFモハマド・ファルザン佐名(18)の昇格内定を発表した。

オウイエ・ウィリアムは神奈川県出身で、川崎フロンターレU-15から日本体育大学柏高校に進学した。

山本は、広島県出身で、U-12から、U-15、U-18と柏の下部組織で育ち、モハマド・ファルザン佐名もU-12から柏で育っている。

3選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FWオウイエ・ウィリアム
「オウイエ ウイリアムです。今まで支えてくれた方々への感謝を忘れず、少しでも早く日立台のピッチに立てるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

◆FW山本桜大
「リリースがありました通り、トップチームに昇格することになりました、山本桜大です。小学生の時からお世話になったこのクラブで、ずっと夢見ていたプロサッカー選手になれることが決まり、とても嬉しいです」

「今まで自分を支えてくれた家族、切磋琢磨したチームメイトや指導してくださった方々たちへの感謝の気持ちを忘れず、謙虚に自分らしく頑張ります。これから応援よろしくお願いします」

◆MFモハマド・ファルザン佐名
「来季からトップチームに加入することになりましたモハマドファルザン佐名です。小さい頃から育ててもらったこの柏レイソルでプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います」

「支えてくださった家族、指導者、仲間への感謝の気持ちを忘れず、チームに貢献できるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」