逆転でのJ1制覇を目指す川崎フロンターレ。離脱中のエースが早くもトレーニングを再開している。

現在2位につけており、首位の横浜F・マリノスを勝ち点差「5」で追いかけている川崎F。3連覇を目指して残り5試合を戦うこととなる。

そんな中、エースであるFWレアンドロ・ダミアンが8月20日に負傷。右足関節外側じん帯損傷および右腓骨筋肉離れと診断され、全治は10週間と見られていた。

今季はここまで明治安田生命J1リーグで23試合に出場し5得点を記録していたが、逆転優勝には欠かせない存在に。受傷日から4週間しか経っていない中、すでにバイクを漕ぎ始めている。

レアンドロ・ダミアンは自身のインスタグラムを更新。「神様は君が強いと言っている」と綴り、、エアロバイクを漕ぐ姿を投稿した。

まだまだ復帰に向けた段階ではあり、早期の復帰とはいかないものの、順調にトレーニングを再開していることが見て取れる。

これには同僚のジェジエウが「がんばれ」とエールを送ると、清水エスパルスのFWチアゴ・サンタナは「ブラザー、早く戻ってこい」、横浜FMのFWアンデルソン・ロペスは「頑張れ兄弟」、松本山雅FCのパウリーニョやビスパ福岡のFWルキアンもエールを送った。

また、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティでプレーし、かつて横浜FMに所属したDFチアゴ・マルチンスも「がんばれ、友達」とエール。多くのブラジル人選手から復帰を願うコメントが寄せられている。