モンツァは21日、元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(34)との契約解除を発表した。

クラブ初のセリエA昇格で今夏に大量補強を実施したモンツァにおいて、注目選手の1人だったラノッキア。昨季のインテルでは公式戦10試合の出場に留まったものの、イタリア代表でも活躍したセリエAを代表するDFの初昇格クラブへの移籍には少なからず驚きの声が挙がった。

ところが、デビュー2戦目となった先月21日のナポリ戦で足を滑らせて負傷。診断の結果、足首捻挫および腓骨の複雑骨折が判明し、最低3カ月の離脱を余儀なくされている。

そうした中、モンツァは2年契約の早期解除を決断。双方合意の下、加入からちょうど3カ月で終わりを迎えることになった。

「ACモンツァは本日、アンドレア・ラノッキアと双方合意の下、契約を解除したこと発表します。我々はアンドレアと過ごしたこの数カ月に感謝し、彼の将来の成功を願っています」