21日、YBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第1戦のセレッソ大阪vs浦和レッズがヨドコウ桜スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。

前回大会に続く決勝進出を目指すC大阪と、優勝した2016年以来となるファイナルも目論む浦和。昨年の準決勝と同一のカードとなり、その際は浦和ホームの第1戦を1-1、C大阪ホームの第2戦を1-0と、桜のユニフォームが上回った。

1週間前のリーグ戦でも埼玉スタジアム2002で顔を合わせている両者は、C大阪が1-0で勝利し、シーズンダブルを達成している。C大阪は代表活動で西尾とアダム・タガートがチームを離れたが、マテイ・ヨニッチと鳥海の2センターバックは健在で、前線には上門を起用。懸念事項のGKキム・ジンヒョン欠場に際しては、清水圭介がゴールマウスを守った。

同じ相手にこれ以上苦汁を飲まされる訳にはいかない浦和は、同じく代表活動で酒井、鈴木、大畑が不在に。リカルド・ロドリゲス監督は右サイドバックに関根を配置する奇策を取り、前線では直近の湘南ベルマーレ戦からダヴィド・モーベルグ以外の3人を変更。松尾、小泉、大久保が起用された。

僅差のゲームが予想された一戦は開始早々にホームチームが動かす。明本のフィードをヨニッチが頭で跳ね返し、中盤の奥埜がコントロールから反転してシンプルに前線へ送ると、バイタルエリア右で受けた上門はルックアップして迷いなく右足を一閃。名手GK西川の手も空を切り、無回転ミドルが鮮やかにネットに突き刺さった。

痛烈な先制パンチを食らった浦和だがすぐさま反撃。小泉がヨニッチへ圧力を掛けてパスを引っ掛けると、そのまま持ち込んで一対一に。だが、GK清水の逆を突いたシュートも残した右足に当たり、続くCKからのアレクサンダー・ショルツのヘッドも枠の左へ外れた。

C大阪は10分、鈴木のFKにヨニッチが頭で合わせ、さらにショートカウンターから加藤のフィニッシュ。手数を掛けない攻撃で追加点を狙いつつ、じわじわとポゼッション率を高める浦和の前にまずは守備という姿勢を見せる。

前半終了間際にバックパスを受けたGK清水に対し、松尾があわやというプレスを掛けた浦和。ビハインドで折り返した後半も頭から足を止めずに攻勢を強めると、53分に実を結ぶ。

左サイドでの組み立てから明本がグラウンダーで折り返し、小泉がスルー。ペナルティアークからの伊藤の左足シュートはGK清水に弾かれたが、こぼれ球を小泉が詰めて貴重なアウェイゴールをもぎ取った。

相手の勢いにミスも散見し出したC大阪は先制ゴールの上門に代えて清武を投入する。すると、66分には最終ラインでのビルドアップからアタッキングサードまで運び、右サイドから清武の上げたクロスにニアで毎熊がつぶれ、正面から加藤がフリーでボレー。しかし、体を倒しながらの一撃も抑えきれず、フィニッシュはクロスバーを越える。

75分過ぎには浦和が連続してCKを得るも、空中戦ではヨニッチが部類の強さを発揮。終了間際の左CKでは岩尾が意表を突いて直接ファーを狙うと、GKの手は越えたが、毎熊が懸命にカバーした。

その後もアウェイチームの攻勢が続いたものの、再びスコアが動くことなくタイムアップ。C大阪が上門の十八番で期先を制したが、意地を見せた浦和が追い付き、ドローで第1戦を終えた。

第2戦は25日に埼玉スタジアム2002で行われる。

セレッソ大阪 1-1 浦和レッズ
【C大阪】
上門知樹(前2)
【浦和】
小泉佳穂(後8)