ニューカッスルは21日、U-21スコットランド代表MFエリオット・アンダーソン(19)と新契約を締結したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。

8歳からニューカッスルのアカデミーに在籍するアンダーソンは、2021年1月に行われたアーセナルとのFAカップでトップチームデビュー。そのデビューシーズンにはプレミアリーグデビューも飾った。

しかし、昨シーズンは思うように出場機会を得られず、今年1月末にはフットボールリーグ2(イングランド4部)のブリストル・ローヴァーズに半年間の武者修行に。その新天地では、公式戦21試合の出場で8ゴール5アシストという見事な数字を残した。

そして、レンタル先での鮮烈な活躍、プレシーズンのアピールによって今季はトップチームに定着すると、ここまで公式戦4試合に出場。トップ下やセントラルMF、左サイドを主戦場とするU-21スコットランド代表MFは、繊細なボールタッチと攻撃センスに優れる天才肌だ。

ニューカッスルを率いるエディ・ハウ監督は、「エリオットの成長は、我々にとって喜ばしいことだ。彼は天性の才能を持っているが、優れた労働意欲もあり、常に学ぼうとしている。サポーターの皆さんは、また一人、地元の少年がアカデミーからトップチームに入ったことを喜んでくれると思う。エリオットにはそのチャンスがあり、若いプレーヤーたちに素晴らしいお手本を示してくれた」と、生え抜きMFの将来性に太鼓判を押している。