バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが、バルセロナへの忠誠を誓った。フランス『RMC Sport』が伝えた。

2017年8月にドルトムントから完全移籍で加入。移籍金は1億500万ユーロ(約149億3500万円)と破格の値段でやってきた。

大きな期待が寄せられたデンベレだったが、加入直後にハムストリングを負傷。その後も、才能を高く評価されながらも、度重なるケガで満足いくパフォーマンスは出せずにいた。

それでも2020-21シーズンはラ・リーガで30試合に出場し6ゴール3アシスト、2021-22シーズンは21試合で1ゴールに終わったものの13アシストを記録。今シーズンもここまで6試合で2ゴール2アシストを記録し、大きなケガはしなくなりつつある。

デンベレは『Rothen Catches Fire』に出演。今夏も移籍の噂が浮上した中で、バルセロナと契約を延長。その理由を語った。

「チャビの信頼があったからこそ、僕はここに残らざるを得なかった」

「ドレッシングルームでは、若い選手たちと一緒にいて、良い気分だ。もう6年もここにいる…チャビにはいつだってここに残りたいと言っていたんだ」

「その後、交渉が行われた。契約上のものがあり、僕にはどうしようもできなかった。でも、自分から『クラブを辞める』と言ったわけではない」

デンベレはケガの影響もある一方で、移籍市場が開く旅にバルセロナからの退団が報じられた。

しかし、2021年12月にチャビ・エルナンデス監督とミーティング。契約を延長すると約束したという。

「12月、彼と僕のミーティングを覚えている。契約書にサインすると伝えたよ」

それでも2022年1月の移籍市場では、クラブがデンベレを放出しようと動き、チャビ監督がクラブに訴えて放出を拒んだという経緯もある。

そして2022年7月、デンベレは新契約にサイン。2024年6月までの契約を結び、バルセロナでのキャリアを続けることとなった。

「この5年間、いろいろなことがあったけど、今はみんながサッカーの話をしてくれている。これは良いことだと思う」

「バルセロナでプレーするのが夢だった。夢を叶えられて、とても幸せだよ」