YBCルヴァンカップ準決勝第2戦、サンフレッチェ広島vsアビスパ福岡が25日にエディオンスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。この結果、広島が決勝進出を決めている。

21日に行われた第1戦では、アウェイの広島が3点先行する一方的な展開となったものの、福岡も終盤に意地を見せ、フアンマの2ゴールで逆転に望みを繋げた。

このリターンマッチで今度はホームに構える広島は、前回と同じ11人を先発起用。一方、最低でも2得点が必要となる福岡は大幅に8人変更。フアンマは切り札としてベンチに置かれることになった。

立ち上がりはアウェイの福岡が攻勢。細かいパスワークで左右に揺さぶりながら、クルークスがミドルシュートを放っていく。10分手前にはドリブルを仕掛けた金森がFKを獲得し、中村が直接狙うが、ここは大きく枠の上に外れた。

対して、なかなか攻撃の起点が作れない広島は何度かロングボールでトライ。14分の一本では、満田が相手の守備ラインの裏へ抜け出そうとしたところを三國に倒され、三國にはイエローカード。これにより、累積で決勝戦には出場できなくなった。

徐々に盤面を裏返していく広島は20分に決定機を迎える。森島が左サイドの深い位置で起点となり、中へパスを供給。これは相手に当たって上手く味方に届かなかったが、こぼれ球を拾った川村がするするとゴール前に侵入し、左足でフィニッシュ。しかし、左ポストに嫌われ先制とはならなかった。

ヒヤリとした福岡も26分、右サイドバックの前嶋が前線へ送った浮き球のパスからルキアンがボックス右に侵入。しかし、DFに寄せられながら流し込みにかかったシュートはGK大迫の正面に飛び、こちらも決定機だったがネットは揺らせなかった。

その後は後半の半ばにかけてこう着状態に。広島は後半立ち上がりに満田のミドルシュートで、福岡は山岸の技巧派プレーからチャンスを作るが、スコアは0-0のまま。

60分を迎え、福岡はフアンマをピッチへ。70分手前にはジョン・マリを投入する。一方の広島はまだメンバーを入れ替えず、ロングボールを適度に散らしながらノーリスクノーリターンな内容で優位な状況を進めていく。

そんな広島が動いたのは87分のこと。ドウグラス・ヴィエイラや森島、野上らを下げて、松本なベン・カリファ、住吉を投入する。

そして、最後まで危なげない試合運びを見せた広島が、第1戦のアドバンテージを活かして逃げ切りに成功。2戦合計2-1で、8年ぶりの決勝進出を決めた。