マンチェスター・シティがイングランド代表MFフィル・フォーデン(22)との契約延長を検討しているという。イギリス『Football Insider』が伝えた。

シティの下部組織で育ち、2017年7月にファーストチームに昇格したフォーデン。2020年からはイングランド代表としてもプレーし、16試合で2ゴールを記録している。

シティにおいても徐々にその役割は重視され、現在はウインガーとしてプレー。公式戦179試合で48ゴール35アシストを記録している。

『Football Insider』によると、シティはフォーデンとの契約延長で合意に達したとのこと。新契約は6年間となり、総額約7800万ポンド(約118億4000万円)になると見られている。

週給にして約25万ポンド(約3800万円)になり、これはノルウェー代表FWアーリング・ハーランドやベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに接近するクラブ最高額レベルになるという。

今夏チェルシーにイングランド代表FWラヒーム・スターリングを放出したのも、フォーデンの成長があったからこそ。正式発表は間も無くと見られている。