出場権を獲得した元日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が退任することとなったモロッコ代表。カタール・ワールドカップ(W杯)に向けたユニフォームは、クラシックなスタイルをベースとしているようだ。

ハリルホジッチ監督に率いられ、2大会連続のW杯出場を決めたモロッコ。1986年のメキシコ大会以来となるグループステージ突破を目指して戦うこととなる。

監督との確執から招集がされていなかった、ハキム・ツィエク(チェルシー)などの一部選手は9月に復帰。ヨーロッパでプレーする実力者が揃っているだけに、一枚岩になれれば台風の目となる可能性は高い。

そのモロッコのホームユニフォームは、1998年のフランス大会で着用していたユニフォームからインスピレーション。クラシックな見た目となった。

国旗の赤をベースに襟や袖口は緑に。胸には中央にプーマのロゴが白で入っており、両サイドが緑のボーダーに。胸にはサッカー連盟のエンブレムが入っている。

アウェイユニフォームは、白がbーエス。中央には緑でプーマのロゴ、サッカー連盟のエンブレムがあり、背番号は赤。その周りには、モロッコの伝統的なモチーフであるライオンのたてがみが描かれている。

また、襟と袖は国旗の緑と赤で縁取られている。