かつてリバプールに所属した元セネガル代表MFのサリフ・ディアオ氏が、同胞のFWサディオ・マネがバイエルンへ移籍した理由を推察した。

6年間にわたってリバプールで不動の主軸としてプレーしながら、残り1年となった契約の延長には応じず今夏バイエルンへ移籍したマネ。頼れる得点源の1つを失ったチームは、プレミアリーグ開幕からの6試合で2勝3分け1敗と苦しいスタートを切っている。

マネ退団の理由についてはかねてよりOBやメディアの間で盛んに議論の的となっていたが、イギリス『リバプール・エコー』の取材に応じたディアオ氏は、ユルゲン・クロップ監督との関係に問題があったのだろうと推察。同胞でもあるマネの決断を支持している。

「彼はリバプールに数年いたが、ある時点でアンフィールドには自分が本当に必要としている愛がないと理解したのだろう。もちろん、ファンとの間に問題はなかったが、監督との関係がそうだった」

「だからこそ、彼は新しいチャレンジに踏み切ったのだと思う。そして私としては、トップ選手としてトップクラブに4〜5年在籍した後、新しいチャレンジを望むのは良いことだと思っているよ」

また、今夏に総額1億ユーロ(約139億円)の移籍金でリバプールに加入したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスについてディアオ氏は、マネの代わりを務めるのは難しいと断言している。

「誰もが彼がマネの代わりを務めるのは難しいと分かっていたはずだ。どの選手が入ってきても、彼からポジションを奪うのは難しかったからね。マネがリバプールでどれだけ頑張ってきたか、みんなは気づいていなかったと思う」

「マネはトッププレーヤーだったから、今の状況は当たり前だろう。過去4年間、世界でベストではないにしろ、トップ3には入るだろう選手だった。だから、どんな選手がやってきても彼の不在を埋めるのは難しかっただろうね。(ヌニェスについても)時間がかかるだろう」