日本代表は27日、キリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表と対戦し、0-0で引き分けた。

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕まで残り2カ月を切った中、ドイツでラストスパートをかけている日本代表。23日にはアメリカ代表に2-0の快勝を収め、この一戦がW杯メンバー発表前のラストマッチとなる。

スタメンは森保一監督の言葉通り、アメリカ戦から総入れ替え。[4-2-3-1]の布陣にGKはシュミット・ダニエル、守備ラインは右から山根、谷口、伊藤、長友、中盤ではボランチで柴崎と田中がコンビを組み、2列目の位置に堂安、南野、三笘が並んだ。そして、ワントップには古橋が起用された。

相手は熾烈な南米予選を4位で勝ち抜いた強豪エクアドル。確かなボール技術と俊敏性を武器に立ち上がりから日本のゴールに迫る。対する日本は、左ウイングに入った三笘が得意のドリブルで存在感を放つ。爆発的なスピードで対応するカスティージョのイエローカードを誘うと、7分には南野のヘディングシュートをアシスト。

15分にかけてはスプリンクラーが誤作動で2度存在感を放つイレギュラーにも見舞われながら、日本はエクアドルのキレのある攻撃をなんとか凌いでいく。25分に南野とパスを交換しながら右からカットインした堂安がシュートに持ち込んだが、守備でも素早い対応を見せる相手のブロックに捕まってしまう。

組織的な守備に個でも強さを見せるエクアドル相手になかなかリズムを作れない日本。攻撃が単発に終わっていく中で、南野のプレッシングが相手のパスミスを誘い、古橋にビッグチャンス。ボックス中央で相手のパスをカットし、そのまま左足を振ったが、しっかり力の伝わらなかったシュートはGKの守備範囲に。

一方、終盤にはエクアドルにも決定的なシーンが訪れる。イバーラが左からドリブルでボックス手前まで運び、右足のシュートへ。これが右ポストに当たって日本は命拾い。また、アディショナルタイムにはエクアドルのCKからヘディングシュートを許すが、GKシュミット・ダニエルが好セーブを見せ、試合は0-0で折り返すことになった。

日本は後半から古橋に代えて上田を投入。エクアドルも前半のラストプレーでイバーラが負傷したようで、代わりにサルミエントが起用されている。

後半の立ち上がりは一進一退の攻防に。日本は南野を中心に攻撃を展開し、57分には三笘の仕掛けからその南野に決定機。左からの折り返しをダイレクトで合わせたが、惜しくも枠を捉えることはできなかった。

徐々に1ゴールの奪い合いの様相を呈してきた中、日本は67分に一挙3人替え。三笘、柴崎、南野を下げて相馬、遠藤、鎌田をピッチへ送り込んだ。

70分に相馬のクロスから上田のヘディングシュートという交代選手によるチャンスメイクがあり、遠藤や鎌田の存在でボールが落ち着くようになった日本。セカンドボール回収率も上がり、厚みのある攻撃を見せていく。

その中で80分、速攻から鎌田が持ち上がり、ボックス中央に走る上田へパス。上田がワンタッチではたくと、最後はボックス右から堂安が左足一閃。左下に流し込むようにシュートを放ったが、正直過ぎたか、GKに完全に読まれてしまった。

その直後、勝負を左右する重要なシーンを迎える。エクアドルの攻撃でボックス中央のエストラーダにパスが入ったところを背後から奪いに行った谷口が倒し、PKを与えてしまう。キッカーは途中出場のエネル・バレンシア。絶体絶命のピンチだったが、ここでシュミット・ダニエルのシュートを完全に読み切ったビッグセーブが炸裂し、逆に日本が勢いづくことに。

ここで森保監督は最後の切り札として伊東を投入。89分、その伊東のパスからボックス右に侵入した鎌田にチャンス到来。パスの選択肢もあったが、自ら放ったシュートはGKに弾かれた。

そして、試合はここで終了。互いに鎬を削った白熱の一戦は0-0のドローとなった。日本は今後、W杯のメンバー発表と11月17日のカナダ代表戦を経て、いよいよ本番を迎える。