バレンシアは28日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。

ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、2010年夏にアトレティコ・マドリーのセカンドチームへ移籍するも、2012年夏にビルバオに復帰。その後、レンタル移籍で加入したヌマンシアやレガネスでは守護神を務めたが、ビルバオでは第2GKの座に甘んじ、在籍8シーズンで公式戦119試合の出場に留まった。

2021年夏にビルバオを退団したイアゴ・エレリンはサウジアラビアのアル・ライードへ完全移籍。しかし、リーグ戦13試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団していた。

ここまでラ・リーガ6試合消化で3勝3敗の9位に位置するバレンシアでは、控えGKを務めていたスペイン人GKジャウメ・ドメネクが右ヒザの前十字靭帯を断裂の重傷を負ったため、代わりとなる選手の獲得を模索していた。

なお、イアゴ・エレリンは2週間のチームトレーニングを経てから、正式にチームに加入するとのことだ。