インテルがチェルシーからイングランド人DFトレヴォ・チャロバー(23)の獲得を検討しているようだ。

インテルは今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)に対するオファーを受けたが、拒否。守備の柱を残留させることに成功したが、2023年6月までの契約の延長交渉に進展なく、選手側はフリーでのPSG加入を画策していると報じられている。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、シュクリニアル退団に備えるインテルは有力な後釜候補としてチャロバーに狙いを定めているとのこと。チャロバーとチェルシーの契約は2026年夏まであり、完全移籍での獲得には膨大な移籍金が生じるため、レンタルを狙う模様だ。

チェルシーの下部組織出身であるチャロバーはイプスウィッチやハダースフィールドなどへの武者修行を経て、昨季に復帰すると、公式戦30試合に出場してファーストチームに定着。しかし、今季はDFカリドゥ・クリバリやDFヴェスレイ・フォファナが加入した影響で公式戦1試合の出場にとどまっている。

なお、インテルはチャロバーのほかにレスター・シティのトルコ代表DFチャグラル・ソユンジュ(26)もセンターバックの獲得リストに含めていると報じられている。