かつてアーセナルでキャプテンを務めた元フランス代表DFのウィリアム・ギャラス氏が、古巣の同代表DFウィリアム・サリバの現状を懸念した。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。

2019年夏にサンテチェンヌから加入し、武者修行を経て今季からファーストチームに合流したサリバ。ここまではプレミアリーグ全試合で先発起用されており、ミケル・アルテタ監督の信頼を完全に掴んだ様子だ。

将来性豊かなセンターバックの台頭には称賛の声が相次ぐが、それに対して警鐘を鳴らしたのがギャラス氏だ。アーセナルの元主将はイギリス『Genting Casino』のインタビューで、これまでの名センターバックたちと比べてサリバには手本とする存在が不在であることを危惧している。

「サリバのプレーを見た後で、若い頃のリオ(・ファーディナンド)と比較すると、彼らの特徴は似ていると思う。だが、いつもクラブが抱える問題であるが、彼は誰の隣で学ぶことになるのだろうか」

「彼はまだ若く、あの年齢であれば学ぶことが必要だ。そしてそれには、適切な選手が隣にいる必要がある。私が常に言っていることとして、センターバックをやるときは経験豊富な選手からの学びが大切なのだ」

「今のところ、サリバの近くには学びを得られる経験豊富なトップクラスの選手がいない。だから、彼が少し心配なんだ。もし彼がトップレベルに到達したいなら、トップクラスのセンターバックの隣にいる必要がある」

「たとえば、ジョン・テリーは誰の隣でプレーしたと思う? マルセル・デサイーだ。センターバックはみんな、誰かから学んでいる。アレッサンドロ・ネスタの隣にはパオロ・マルディーニがいたね」

「センターバックが次のレベルに行くためには、それが必要なんだ。彼が25歳や26歳になったら、今度は彼がディフェンスラインを統率する番だ。若い選手は、彼の隣でプレーして学ぶことになる」

「たとえば、(チェルシーに移籍した)ヴェスレイ・フォファナは、チアゴ・シウバから多くを学ぶ絶好の機会だろう」