元イタリア代表MFアンドレア・ポーリ(33)がセリエBのモデナに加入した。

サンプドリアの下部組織出身で、インテルやミランでプレーしてきたポーリ。2013年から2017年にかけて在籍したミランでは通算109試合に出場。その後に移籍したボローニャでも4年間で公式戦114試合に出場するなど、デビューから2021年まで母国イタリアでプレーした。

昨夏にボローニャとの契約が満了を迎えると、新天地はアンタルヤスポルへ。心機一転で臨んだトルコでは概ね主力として活躍し、公式戦32試合に出場した。

ただ、昨季をもってそのアンタルヤスポルとの契約も切れ、フリーとなっていたポーリ。なかなか移籍先が決まらなかったが、サッスオーロに在籍していた2008-09シーズン以来となるセリエBを活躍の場に選んだ。

「モデナの試合は全部見ているよ。僕はすでに会長のリヴェッティ一家のことは知っていたし、ディレクターのヴァイラにもその話をした」

「順位表を見れば危機的状況かもしれないけど、僕が見てきた試合は常に最大のパフォーマンスを発揮していた。そんなチームに貢献するためにきたんだ」

モデナは2003-04シーズンを最後にセリエAの舞台から遠ざかっており、以降はセリエBに長らくとどまっていた。しかし、2015-16シーズンにセリエCへ降格すると、極度の財政難による給与未払いや破産宣告でクラブは消滅。2018-19シーズンはセリエDからの再スタートとなった。

それでも1年でセリエCに復帰すると、昨夏にアパレルブランドである『ストーンアイランド』のカルロ・リヴェッティ会長によるクラブ買収もあり、リーグ優勝を達成。今季は6シーズンぶりにセリエBで戦っている。ただ、ここまではわずか1勝で18位と苦戦中だ。

第3節はインテルvsバルセロナ、チェルシーvsミランなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら