プレミアリーグ第9節、アーセナルとトッテナムによるノースロンドン・ダービーが1日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ラムズデール 6.0
PKによる1失点にとどめる安定したゴールキーピング。リシャルリソンの決定機阻止に加え、判断の良い飛び出しやディストリビューションで勝利に貢献した

DF
4 ホワイト 6.5
内側と外側のレーンを行き来しながらサカを後方支援。先制点のアシストや深くえぐってのクロスなど、危なげない繋ぎと共に攻撃に貢献。守備でもそつのない対応を見せた

(→冨安健洋 -)

12 サリバ 7.5
攻守両面で圧巻のパフォーマンスを披露。守備能力はさることながらマイボール時の冷静且つ大胆なプレーで存在感を示した

6 ガブリエウ 5.5
PK献上に加え、前半は守備面でバタバタした場面が散見。ただ、周囲のサポートもあって後半は持ち直した

35 ジンチェンコ 6.0
チーム全体が押し込んだことにより中盤でプレーする機会が多くボールを的確に循環させた。懸念の守備面でも大きな穴はあけず

MF
7 サカ 6.5
決定的な仕事には至らなかったが、自身のシュートが決勝点の起点に。マイボール時に複数のDFを引き付けて周囲を自由にプレーさせ、切り替えの部分でもハードワークした

5 トーマス 7.0
圧巻のダイレクトシュートで先制点を奪取。それ以外の2つのゴールにも絡むなど、攻撃面では的確な判断で多くのチャンスの起点に。守備面でも相手の屈強な中盤コンビやケイン相手によく身体を張った

(→サンビ・ロコンガ 5.5)
余裕のある展開で無難なプレーで逃げ切りに貢献

8 ウーデゴール 6.0
相手の中盤相手にボールを失う場面も散見されたが、コンディションに不安を抱える中でも攻守に水準以上のパフォーマンスを見せた

(→ファビオ・ヴィエイラ -)

34 ジャカ 7.0
トドメの3点目を奪取。先制点後にチームメイトを集めて指示を送るなど、躍動したプレー面以外でもリーダーシップを発揮するなど、勝利の立役者に

11 マルティネッリ 6.5
1アシストに加えてエメルソンの退場を誘発。サイドに張って果敢に勝負を仕掛けてアタッキングサードで突破口となった。攻守両面でオープンプレーではダイナミックなプレーが光った

FW
9 ガブリエウ・ジェズス 7.0
値千金の決勝点を記録。休養十分でキレを感じさせるプレーが多く、巧みなポストワークやプレーの連続性、果敢な仕掛けと相手守備陣の脅威に

(→エンケティア -)

監督
アルテタ 5.5


トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 5.0
コンディションの問題を抱えた中でプレー。決勝点に繋がるファンブルを犯すなど難しい試合になったが、2本のビッグセーブもあった

DF
17 ロメロ 4.5
前半は良い潰しもあったが、後半は2失点に絡むなど難しい試合に。ジェズスやマルティネッリの仕掛けに苦戦した

15 ダイアー 5.0
個人として大きなミスはなかったが、後手を踏む対応が目立った。前半のビルドアップの局面ではもう少し工夫がほしかった

34 ラングレ 5.5
圧力を感じる状況が多かった中、らしくないパスミスも散見。ただ、守備では決定的なクリアなど良いプレーもあった

(→ダビンソン・サンチェス 5.5)
大勢が決した展開の中でも身体を張って傷口を広げず

MF
12 エメルソン・ロイヤル 4.0
意図的なプレーではなかったと思われるが、状況を考えれば軽率と言わざるを得ないファウルで一発退場。それ以外の局面でもパフォーマンスレベルは低かった

5 ホイビュア 5.0
前半は良い潰しもあったが、代表戦での疲労は大きく後半は完全にトーンダウン


(→スキップ 5.5)
今季初出場で生え抜きとしての気概を見せるパフォーマンス

30 ベンタンクール 5.5
ホイビュア同様に満身創痍でのプレーとなったが、消耗激しいダービーで一定水準のパフォーマンスを継続した

14 ペリシッチ 5.0
代表戦での蓄積疲労に加え、守備に追われる時間が長く持ち味の攻撃面で精度を欠いた

(→ビスマ 5.5)
中盤の活性化を期待されたが、さすがに数的不利では違いを生めず

FW
9 リシャルリソン 5.5
PK奪取など、持ち味の献身的な守備や仕掛けで一定の存在感を示したが、エメルソン退場の煽りを受けて早いタイミングでの交代に

(→セセニョン 5.5)
攻撃面では見せ場なしも守備では最低限の仕事をこなす

10 ケイン 5.5
ノースロンドンの王様としてPKを決め切る。史上初のプレミアリーグアウェイ100ゴールに到達も、後半は数的不利を撥ね返す存在感は示せず

7 ソン・フンミン 5.0
韓国での2試合連続フル出場でのダービーということもあり輝きは限定的に

(→ドハーティ 5.5)
セセニョン同様に守備に奔走する試合に

監督
コンテ 5.0
負傷者に加え、代表戦でのコンディション問題で難しい試合に。退場者の存在もあり、多くの責任を問うのは酷と言える

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
サリバ(アーセナル)
決勝点のジェズスにジャカとトーマスの中盤コンビの活躍も光ったが、初のダービーで相手の強力トリデンテを抑え込み、攻撃面でもテイクオン、パス成功率など驚異的なスタッツを叩き出した21歳DFをMOMに選出。次節以降のリバプール、マンチェスター・シティ戦のパフォーマンス次第では一気にワールドクラスへステップアップする可能性も。

アーセナル 3-1 トッテナム
【アーセナル】
トーマス(前20)
ガブリエウ・ジェズス(後4)
ジャカ(後22)
【トッテナム】
ケイン(前31[PK])

第3節はインテルvsバルセロナ、チェルシーvsミランなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら