プレミアリーグ第9節、リバプールvsブライトンが1日にアンフィールドで行われ、3-3のドローに終わった。なお、ブライトンのMF三笘薫は66分から途中出場した。

開幕から不振が続く8位のリバプールは、エバートンとのドロー、チャンピオンズリーグ(CL)でのナポリ戦の1-4の大敗と再び窮地に追い込まれたが、直近の公式戦となったアヤックス戦で劇的な2-1の勝利を収め、インターナショナルマッチウィークの中断期間に入った。ここからの巻き返しを図るクロップのチームは、CLレンジャーズ戦を挟んで行われるアーセナル、マンチェスター・シティとの連戦を控える中、難敵相手にリーグ2戦ぶりの白星を狙った。アヤックス戦からは先発3人を変更し、エリオット、ジョタ、ルイス・ディアスに代えてヘンダーソン、フィルミノ、カルヴァーリョを起用した。

一方、開幕から4勝1分け1敗の4位と最高のスタートを飾ったブライトンだが、先月にポッター監督がチェルシーに引き抜かれ、インターナショナルマッチウィーク期間にデ・ゼルビ新監督を招へい。その新指揮官の初陣ではいきなり難所アンフィールドに乗り込むことになった。プレミア初挑戦のイタリア人指揮官はこの初陣で前任者の[3-4-2-1]を継続し、メンバーの入れ替えも最小限にとどめ、三笘はベンチスタートとなった。

熱狂的なKOPの後押しによってホームチーム優勢の入りが予想された中、試合は予想外の展開となる。開始4分にブライトンはロングボールの流れからペナルティアーク付近でのヘンダーソンの中途半端な対応を突いてボールを奪い返すと、ボックス中央での細かい連係からウェルベックの短いパスに反応したトロサールがボックス左から左足のシュートを流し込む。

開始早々にリバプールゴールをこじ開けたアウェイチームは、さらにアグレッシブなプレスと巧みな連携で揺さぶると、ウェルベックのヘディング、ゴール前に勢いを持って入ったトロサールのシュートで決定機に持ち込むが、ここはGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。

それでも、18分にはアレクサンダー=アーノルドの軽率なボールロストをキッカケに左サイドを崩したブライトンはウェルベックのグラウンダーの折り返しをボックス中央のマーチがワンタッチで叩いてゴール左のトロサールに繋ぐと、トロサールの強烈な左足シュートがGKの手を弾いて再びゴールネットを揺らした。

20分経たずに2点のビハインドを背負ったリバプールはここから反撃を開始。ブライトンの攻勢を食い止めてまずは守備からリズムを立て直すと、右サイドのサラーの仕掛け、中央のフィルミノを起点としたコンビネーションでチャンスを窺う。そして、幾度かの決定機を経た33分には相手陣内でルーズボールを拾ったヘンダーソンからの浮き球のパスに抜け出したサラーがボックス内でGKを引き付けて冷静に右のスペースへボールを流すと、これに反応したフィルミノがブロックに入ったDFの足に当たらぬように浮き球のシュートを無人のゴールへ流し込んだ。

その後の攻勢は実らずも1点差に縮めて後半を迎えたリバプールは、カルヴァーリョに代えてディアスをハーフタイム明けに投入。後半立ち上がりは行ったり来たりの展開となったが、結果的にドイツ人指揮官の交代策が同点ゴールをもたらす。

54分、自陣深くのロングカウンターからボールを繋いで左サイドのディアスがボックス付近までボールを運んでいく。そして、冷静に中央に走り込むフィルミノへ横パスを通すと、ブラジル代表FWは巧みなステップワークでDFをかわして左足のシュートをゴール右隅へ突き刺した。

良い時間帯にスコアをタイに戻したホームチームは、直後にヘンダーソン、ツィミカスを下げてミルナー、エリオットを同時投入。攻撃に変化を加えていくと、押し込む状況が続く中で意外な形から逆転ゴールが生まれる。63分、右CKの場面でキッカーのアレクサンダー=アーノルドが右足アウトスウィングで入れたクロスに対して、GKサンチェスがパンチングを空振りすると、DFウェブスターの身体に当たって大きくコースが変わったボールがゴールネットを揺らした。

一方、不運な形からの失点で試合を引っくり返されたブライトンは66分、グロスを下げて三笘を投入。2シャドーの左に入った三笘は70分過ぎにDF2枚を鮮やかに抜き去っていきなり決定機を演出すると、74分には左でタメを作ってエストゥピニャンのオーバーラップをシンプルに使い、そのクロスからウェルベックがGKアリソンを脅かす決定機へ繋げた。

以降は一進一退の展開が続く中、アウェイチームに推進力を与えた日本代表が決定的な仕事を果たす。83分、左ウイングバックにポジションを移したマーチとのパス交換で左の深い位置に侵攻した三笘が左足で折り返しを入れると、DFファン・ダイクの足に当たったボールがファーへ流れると、トロサールが左足ダイレクトで合わす。これがGKの手を弾いてクロスバーの内側を叩きゴールネットを揺らした。

三笘の初アシストからトロサールにハットトリックとなる3点目が生まれたブライトンは、これで引くことなくリスクを管理しながらも躍動する三笘を起点に勝ち点3を目指す。その三笘は87分にもライン際の鮮やかな仕掛けでアレクサンダー=アーノルドを翻弄し、イエローカードを出させる見せ場も作り出す。

一方、好調ブライトンが相手といえども勝ち点3がほしいリバプールは、試合終盤にチアゴを下げてヌニェスをピッチに送り出し、攻勢を強めていく。91分にはボックス手前の好位置で得たFKをアレクサンダー=アーノルドが直接狙うが、枠の左隅を捉えたシュートはGKサンチェスの好守に阻まれた。

そして、試合はこのまま3-3でタイムアップを迎え、リバプールはエバートン戦に続く2試合連続ドローとなり、CLを挟んで次節アーセナルとの強豪対決に挑むことになった。一方、ブライトンはデ・ゼルビ体制の初陣を飾れずも、難所アンフィールドから勝ち点1を持ち帰ることになった。

第3節はインテルvsバルセロナ、チェルシーvsミランなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら