チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が4日と5日に開催される。ここでは第3節1日目となるグループA〜Dの戦いを展望していく。

◆3連勝目指すナポリがアヤックスと対戦〜グループA〜
Getty Images
グループAでは前節、ナポリがレンジャーズを下して2連勝スタート、リバプールがアヤックスに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、ナポリが3連勝を懸けてアヤックスと敵地で対戦する。

ナポリは前節、10人となったレンジャーズ相手に後半の3発で勝利。PKを失敗してひやりとするシーンもあったが、しっかりと勝ち切った。セリエAでも好調を維持し、首位をキープ。飛ぶ鳥を落とす勢いのMFクワラツヘリアの活躍に引き続き注目が集まる中、アヤックスとの連戦を乗り切ってグループステージ突破への足がかりとしたい。

対するアヤックスは前節、敵地でのリバプール戦を惜敗。終盤まで1-1で粘ったが、押し切られてしまった。アンフィールドで善戦できた自信をナポリ戦にぶつけたい。

DFマティプの決勝弾でアヤックスを撃破したリバプールは、レンジャーズとのホーム戦に臨む。まだまだ不安定な戦いが続き、直近のブライトン戦では3失点。乗り切れないシーズン序盤となっているが、レンジャーズとの連戦で復調のキッカケを掴めるか。

【グループA】
10/4(火)
《28:00》
リバプール vs レンジャーズ
アヤックス vs ナポリ

◆2連勝スタートのブルージュがアトレティコと対戦〜グループB〜
Getty Images
グループBでは最弱と思われたクラブ・ブルージュが2連勝と意外な展開に。本命のアトレティコがレバークーゼンに敗れて混戦模様となっている。

ブルージュは前節、敵地でポルトに4発快勝。2連勝スタートとし、悲願のグループステージ突破へ最高のスタートを切った。そのブルージュはグループの本命であるアトレティコと連戦。真価が問われるが、ここを乗り切ってラウンド16への扉をこじ開けたい。

対するアトレティコは代表ウィーク前、レバークーゼン戦に続きマドリード・ダービーを落としたこともあって、直近のセビージャ戦ではシステム変更を施した。これまでMFヴィツェルを5バックの中央に据えていたが、4バックとしてヴィツェルを本来の中盤アンカーに据えた。その結果、セビージャ戦では快勝。ブルージュ戦でも4バックで挑むかに注目だ。

ブルージュにホームで痛い惨敗を喫したポルトは、アトレティコ相手に大きな勝利を手にしたレバークーゼンと対戦。混戦のグループとなりそうなだけにここは両陣営勝ちにいきたい一戦となる。

【グループB】
10/4(火)
《28:00》
ポルト vs レバークーゼン
クラブ・ブルージュ vs アトレティコ・マドリー

◆バイエルン追うインテルとバルサが激突〜グループC〜
Getty Images
死のグループでは前節、白星スタートを切ったバイエルンとバルセロナが激突。FWレヴァンドフスキの古巣対決が注目されたが、バイエルンが元エースFWをシャットアウトし、2連勝スタートとした。迎える第3節、バイエルンを追うインテルとバルセロナが激突する。

インテルは前節、グループ最弱のビクトリア・プルゼニに2-0と快勝。10人となった相手をしっかりと下して1勝1敗スタートとした。セリエAでは内容こそ悪くないものの、直近のローマ戦も落として早くも4敗を喫し、波に乗り切れない状況が続く。チームの心臓であるMFブロゾビッチを負傷で欠く中、2位通過を争うバルセロナを叩いて流れを変えられるか。

一方、昨季のリベンジを果たすべくバイエルンに挑戦したバルセロナは、幾つか決定機も生み出し善戦したものの結果的には敗戦に終わった。そして代表ウィークでは守備陣にケガ人が出てしまい、苦しい台所事情に。ラ・リーガで早くも9ゴールを挙げる活躍を見せているレヴァンドフスキの活躍で不安な守備陣をカバーしたい。

インテル、バルセロナ相手に連勝スタートと流石の強さを見せ付けるバイエルンは、グループ最弱のプルゼニとの連戦。ブンデスリーガでは直近のレバークーゼン戦で5試合ぶりの勝利を飾って悪い流れを断ち切った中、この連戦で一気にグループステージ突破を決めてしまいたいところだ。

【グループC】
10/4(火)
《25:45》
バイエルン vs ビクトリア・プルゼニ
《28:00》
インテル vs バルセロナ

◆鎌田&長谷部がスパーズと激突〜グループD〜
Getty Images
グループDでは前節、スポルティングがトッテナムを撃破して連勝スタート、フランクフルトがマルセイユに競り勝って初勝利とした。迎える第3節、フランクフルトがトッテナムと対戦する。

マルセイユ戦ではDF長谷部を3バックの中央に据え、見事1-0のシャットアウト勝利を手にしたフランクフルト。粘り強い戦いぶりで嬉しいCL初勝利とした中、ブンデスリーガでも長谷部が3バックの中央を任されて連勝中と、ベテランがチーム状況を好転させた。トッテナム戦でもいぶし銀の長谷部の活躍に注目だ。

対するトッテナムはスポルティングに後半追加タイム被弾で惜敗。どちらに転んでもおかしくない試合を競り負けてしまった。そして直近のアーセナルとのノースロンドン・ダービーでは完敗。悪い流れに陥りそうなところだが、グループの主導権を握るためにもここは負けられない一戦となる。

MF守田がレギュラーとして存在感を示すスポルティングは2連敗スタートのマルセイユと対戦。しっかりと叩いて3連勝スタートとしたい。

【グループD】
10/4(火)
《25:45》
マルセイユ vs スポルティング
《28:00》
フランクフルト vs トッテナム