ユベントスが来季の指揮官候補にトッテナムを率いるアントニオ・コンテ監督(53)を呼び戻すことを検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

マッシミリアーノ・アッレグリ体制2季目となった今季、ユベントスは大きく躓きチャンピオンズリーグでは2013-14シーズン以来となるグループステージ敗退に終わり、セリエAでは首位ナポリに10ポイント差を付けられての8位に沈んでいる。

アンドレア・アニェッリ会長は成績不振下でも2025年まで契約を結んでいるアッレグリ監督への信頼を度々示しているが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば今季ノンタイトルに終わった場合、コンテ監督再招へいに動くと主張している。

トッテナムとの契約は今季終了後に切れるコンテ監督。セリエA9連覇の礎を築いた名将にユベントスは再び再建を託すことになるのだろうか。