【明治安田生命J1リーグ第33節】
2022年10月29日(土)
15:00キックオフ
アビスパ福岡(15位/34pt) vs 柏レイソル(7位/47pt)
[ベスト電器スタジアム]

◆伸るか反るか【アビスパ福岡】

ギリギリ残留ラインに立っている福岡。3週間空いての勝負の2試合となったが、チームの空気は悪くない状態で過ごせただろう。

3週間前、アウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦では、序盤にリードを許した中、終盤の連続ゴールで逆転勝利。大きすぎる勝ち点1を獲得していた。

この勝利がなければ、現在は降格圏に位置していた状況。選手たちの精神状態は大きく異なっていたはずだ。

ただ、安心できる状況では決してない。それでも、ホーム最終戦で勝利を収められれば、残留が決まる可能性もある。一方で、敗れれば最終節を降格圏出迎える可能性も…。その重圧に耐え、堅守速攻で試合を決めることができるか注目だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:村上昌謙
DF:前嶋洋太、奈良竜樹、宮大樹、志知孝明
MF:ジョルディ・クルークス、前寛之、中村駿、金森健志
FW:フアンマ・デルガド、山岸祐也
監督:長谷部茂利

◆苦しい8戦未勝利から抜け出せるか【柏レイソル】

今のポジションでは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権も届かず、残留争いとも無縁な状況の柏。モチベーションという点では相手に上回られる可能性が高い中、チームとして苦しい状況を抜け出さなければいけない。

最後に勝利したのは8月6日。2カ月半以上勝利から遠ざかっている。

8戦未勝利でも7位に位置しているということは、もっと上位を目指せたという悔しさはチームにあるだろう。守備が崩れ出した時期に比べれば、直近2試合は無失点に抑えられているものの、相変わらず攻撃面のクオリティが低い状況だ。

ブロックを敷いて、カウンターで仕留める。柏のサッカーを体現する上で、守備は改善が見られた。ただ、攻撃は寂しいところ。相手もブロックを敷くタイプなだけに、今節もカウンターが効果的にハマる可能性は低い。それでも、一瞬の隙を突けるか。その嗅覚を研ぎ澄ませ。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:佐々木雅士
DF:高橋祐治、上島拓巳、古賀太陽
MF:大南拓磨、椎橋慧也、三丸拡
MF:マテウス・サヴィオ、ドッジ
FW:ドウグラス、細谷真大
監督:ネルシーニョ