早くもシーズン3分の1が終わり、大方優勝争いや残留争いの勢力が固まってきたプレミアリーグ。前節はトップ4入りを狙うチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが引き分けた一方、3位のトッテナムが足踏み。また、リバプールは最下位のフォレストに敗れるなど、相変わらず低調なパフォーマンスが続いている。

前節はセインツと引き分けてリーグ戦4連勝がストップしたアーセナルは、今節はホームにリバプール撃破のフォレストを迎え撃つ。セインツと引き分けた後、ミッドウィークに行われたPSVはアウェイで2-0の完敗。公式戦10試合ぶりの黒星がついた。ただ、すでにグループ突破を決めているELで主力を温存。最下位相手にフレッシュな状態でバウンスバックを狙う。

2位のマンチェスター・シティはアウェイでレスターと対戦。前節は不調のブライトン相手にハーランドの2ゴールなどで3-1と快勝。アーセナルと2ポイント差に肉薄する結果となった。レスター戦は6-3の大勝を収めた前回対戦を含めて3連勝中だが、レスターは現在リーグ戦2連勝かつ3試合無失点と調子を上げてきている。

トッテナムはアウェイでボーンマスと対戦する。前節はニューカッスルに敗れリーグ戦2連敗。CLのスポルティングCP戦では、試合終了間際のケインの決勝ゴールがオフサイドで取り消しになるなど、あまり良い流れではない。そんな中で乗り込むバイタリティ・スタジアムでは、ここ2試合未勝利となっている。

ニューカッスルに抜かれ、暫定5位のチェルシーはアウェイでブライトンと対戦する。前節のユナイテッド戦は後半アディショナルタイムの土壇場で同点に持ち込まれ悔しい結果に。今節はリーグ戦3試合ぶりの白星を狙って敵地へ向かう。ただ、ブライトンとはポッター監督やククレジャを巡る因縁が。アメックス・スタジアムのファンの反応が注目される。

6位のユナイテッドはホームにウェストハムを迎え撃つ。チェルシー戦の引き分けでリーグ戦4試合負けなしに。また、ELを含めると公式戦7試合で5勝2分けと上り調子。一方のウェストハムもリーグ戦ここ5試合は3勝1分け1敗と、徐々に盛り返しを見せており、ユナイテッド戦5試合ぶりの白星を狙っている。

8位のリバプールはホームでリーズと対戦。前節は最下位のフォレストにまさかの黒星を喫し、シティ戦からの連勝が水の泡に。一方でCLでは4連勝と好調をキープしている。対するリーズは第4節以降勝ち星がなく、現在は4連敗中と、マーシュ監督の進退が騒がしくなっている。

◆プレミアリーグ第14節
10/29(土)
《20:30》
レスターvsマンチェスター・シティ
《23:00》
ボーンマスvsトッテナム
ブレントフォードvsウォルバーハンプトン
ブライトンvsチェルシー
クリスタル・パレスvsサウサンプトン
ニューカッスルvsアストン・ビラ
《25:30》
フルアムvsエバートン
《27:45》
リバプールvsリーズ

10/30(日)
《23:00》
アーセナルvsノッティンガム・フォレスト
《25:15》
マンチェスター・ユナイテッドvsウェストハム

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら