29日、明治安田生命J1リーグ第33節の横浜F・マリノスvs浦和レッズが日産スタジアムで行われ、4-1で横浜FMが勝利した。

首位に立ちながら、ホームで残留を争うガンバ大阪、ジュビロ磐田に連敗した横浜FM。一方で、タイトルや残留争いにもかかわらず、モチベーションの置き所が難しい浦和の一戦となった。

横浜FMは、前節から3名を変更。藤田、レオ・セアラ、仲川が外れ、喜田、アンデルソン・ロペス、エウベルが起用された。これがホーム最終戦。連敗でここまで来ているだけに、まずは勝って、良い最終戦にしたいところだ。

対する浦和は2名を変更。小泉、ブライアン・リンセンが外れ、江坂、松尾が起用された。モチベーションがあるとすれば、眼前での優勝決定を回避すること。勝って邪魔をしたい。

試合は、ホームで連敗中の横浜FMが立ち上がりからアグレッシブな攻撃を仕掛けていく。対する浦和も1トップのキャスパー・ユンカーを狙い、素早い攻撃でゴールに迫ろうとする。

そんな中15分に決定機。右サイドからのクロスをボックス内左でエウベルが折り返すと、ボックス中央でアンデルソン・ロペスが収めるが、シュートは打てない。

しかし17分、試合は動く。横浜FMがカウンターを仕掛けると自陣から持ち出した渡辺のパスを受けた水沼がカットインから左足シュート。これがショルツの足に当たってディフレクトすると、こぼれ球をエウベルが詰め、横浜FMが先制する。

スコアが動いてから互いにアグレッシブさが増す展開に。浦和も横浜FM陣内に攻め込むが、なかなかフィニッシュまでは行けない。

すると37分、左サイドをエウベルがドリブルで仕掛けると、ボックス内に侵入して右足シュート。これはGK西川がセーブするが、弾いたボールをアンデルソン・ロペスが蹴り込み、横浜FMが追加点を奪う。

3連敗を避けるべくリードを2点に広げた横浜FM。浦和は意地を見せるべく攻勢をより強めるが、試合は横浜FMがボールを握ってコントロールしていく。

2-0で迎えた後半も横浜FMがコントロール。すると57分、バイタルエリアでの攻防を横浜FMが制すると、こぼれ球を拾ったエウベルがスルスルと抜け出し、ボックス内でシュート。ゴール左に決まり、リードを3点に広げる。

65分にも横浜FMが決定機。左CKからのクロスを西村がヘッド。しかし、これはGK西川がビッグセーブ。それでも次のCKから、最後はアンデルソン・ロペスが決め、リードが4点に広がる。

4失点目を喫した浦和だったが67分、大久保が右サイドからライン裏へスルーパス。これに反応したユンカーが落ち着いて流し込み、浦和は1点を返す。

横浜FMは選手交代を行いながらもペースを落とさずに攻め続けるが、ゴールは奪えず。それでも快勝した横浜FMは3試合ぶりの勝利。しかし、2位の川崎フロンターレがヴィッセル神戸に勝利したため、優勝決定は最終節に持ち越された。

横浜F・マリノス 4-1 浦和レッズ
【横浜FM】
エウベル(前17、後13)
アンデルソン・ロペス(前37、後20)
【浦和】
キャスパー・ユンカー(後22)