プレミアリーグ第14節、ブライトンvsチェルシーが29日にアメックス・スタジアムで行われ、ホームのブライトンが4-1で勝利した。なお、ブライトンのMF三笘薫は73分までプレーした。

デ・ゼルビ新体制移行後、パフォーマンスに悲観すべきものはないものの、3敗2分けの5戦未勝利と苦戦が続く9位のブライトン。新体制6戦目での初白星を狙うチームは、前指揮官を引き抜かれた因縁の相手をホームで迎え撃った。その重要な一戦ではここ2試合を負傷欠場していた三笘が、復帰戦でプレミアリーグ初先発を飾った。

一方、5位のチェルシーはブレントフォード、マンチェスター・ユナイテッドとの連続ドローとここに来てややパフォーマンスに陰りが見える。それでも、チャンピオンズリーグ(CL)ではレッドブル・ザルツブルクとのタフなアウェイゲームを2-1で競り勝ち最終節を首位で迎えることになった。ポッター監督は古巣初対戦となったエモーショナルな一戦に向け、先発2人を変更。ジョルジーニョとオーバメヤンに代えてロフタス=チーク、マウントを起用した。

一部主力不在で並びに選手の配置に注目が集まったブライトンは、グロスを右サイドバックに配置し、[4-2-3-1]を採用。最前線にトロサール、2列目に右からマーチ、ララナ、三笘が並ぶ形に。対するチェルシーは両ウイングバックにプリシッチとスターリング、前線にギャラガー、ハヴァーツ、マウントが並ぶ[3-4-2-1]で臨んだ。

読めない配置の部分でアドバンテージを得たブライトンが立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。開始3分に相手のビルドアップのミスを突いてトロサールが無人のゴールへミドルループシュート、直後のセットプレーでもエストゥピニャンが鋭い枠内シュートを放つが、いずれもDFチアゴ・シウバの見事なゴールカバーに阻まれる。

しかし、直後の5分には再び前から圧力をかけてショートカウンターに持ち込むと、バイタルエリアでボールを回収した三笘がそのままボックス左に持ち込んで内側で浮いたトロサールに短いラストパスを通す。トロサールは左への持ち出しでGKケパをかわして相手のゴールカバーを外す左足のシュートを右のサイドネットに突き刺した。

三笘のアシストからトロサールに2試合連続ゴールが生まれたブライトンは、完全に勢いに乗って相手を押し込んでいく。すると、14分には右CKの場面でキッカーのトロサールが正確な左足インスウィングのボールを入れると、ニアでギャラガーが触ったボールをゴール前で窮屈な体勢でクリアする形となったロフタス=チークがうまく処理できず。クロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。

まさかの連続失点となったチェルシーはすぐさま反撃を開始。相手のプレスを要所で剥がしながら背後のスペースへ走り込む味方にミドルレンジのパスを通して局面を打開していく。17分と20分にはボックス内でギャラガーに続けて決定機が訪れるが、いずれの枠内シュートもGKサンチェスのビッグセーブに阻まれる。

前半20分を過ぎると、試合はオープンな展開に。チェルシーは左に流れて背後を狙うハヴァーツを起点にチャンスを創出するが、なかなか試合の主導権を握ることができない。

一方、一時の守勢を凌いだブライトンは右のマーチを起点に相手を引っくり返す形を幾度となく作り出し、28分にはゴール前の混戦からカイセドが右ポスト直撃のシュートを放つ。

すると、42分にはハーフウィライン付近での三笘のドリブルで相手を後退させトロサール、カイセドと繋いで左サイドのスペースに抜け出したエストゥピニャンがボックス内に切り込んでプルバック。三笘の手前でクリアを試みたDFチャロバーの足に当たって大きくコースが変わったボールがゴールネットに吸い込まれた。

新体制移行後複数失点を喫していなかった中、まさかの3失点を喫したチェルシーはコンディションかパフォーマンスの問題かは不明も、GKケパをGKメンディをハーフタイム明けに投入。また、ロフタス=チークを右サイドバックに移した[4-1-4-1]の並びに変更した。

すると、この立ち位置の変更で機先を制したアウェイチームは48分、ロフタス=チークのパワフルな仕掛けから相手を押し込んでマイナスのパスを受けたギャラガーが絶妙なクロスを供給。これをゴール前のハヴァーツが頭で合わせた。

早い時間帯に1点を返して勢いに乗るチェルシーは畳みかける攻撃を見せるが、失点後に気持ちを切り替えたブライトンの集中した守備を前に決定機まであと一歩という場面が目立つ。これを受け、64分にはスターリングと古巣対戦のククレジャを下げてオーバメヤンとチルウェルを同時投入。そのオーバメヤンは69分にボックス手前から鋭いミドルシュートを枠に飛ばすが、GKサンチェスの好守に阻まれた。

一方、後半に入ってなかなかチャンスまで持ち込めないブライトンは、65分にララナ、73分に三笘を下げてランプティ、エンシソを続けて投入。すると、エンシソがロングカウンターから決定機に絡むなど、攻め疲れが見え始めるアウェイチームを引っくり返す場面も作り出していく。

2点差のまま刻々と時間が過ぎていく中、チェルシーは79分にプリシッチとギャラガーを下げてブロヤ、ツィエクを最後のカードとしてピッチに送り込む。だが、完全に逃げ切り態勢に入ったホームチームの守備を崩し切れない。すると、試合終了間際の92分にはカウンターに転じたブライトンのグロスにトドメの4点目を叩き込まれ、今季ワーストとなる4失点目となった。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今夏に主力と指揮官を引き抜かれたブライトンが因縁の相手に会心の新体制初勝利を奪取。一方、古巣に敗れたポッター監督は公式戦10戦目にして初黒星を喫することになった。

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら