レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが30日のジローナ戦を欠場することになった。

左太ももの筋肉疲労によって直近のセビージャ戦、RBライプツィヒ戦を欠場しているベンゼマ。28日にはチームトレーニングに参加したものの、そのトレーニングの際に違和感を訴え、試合前日のトレーニングを回避していた。

チームを率いるカルロ・アンチェロッティ監督はジローナ戦に向けた公式会見の場でエースのコンディションについて言及。精密検査の結果、負傷は確認されなかったものの、予防的な観点から引き続き欠場となることを明かした。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。

「彼は昨日にトレーニングを行ったが、トレーニング後に違和感を訴えた」

「彼は昨日診断を受け、ケガはなかったことが明らかになったが、復帰するには時期尚早だ。100%だと感じていないプレーヤーの気持ちを考慮しなければならないからだ」

なお、エースが引き続き不在となるマドリーだが、ライプツィヒ戦で不在だったMFルカ・モドリッチやMFフェデリコ・バルベルデ、MFダニ・セバージョス、FWマリアーノ・ディアスらが招集メンバー入りを果たしている。

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら