30日、Yogibo WEリーグ 第2節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvs三菱重工浦和レッズレディースが味の素フィールド西が丘で行われ、5-3でアウェイの浦和Lが勝利を収めた。

今月頭に行われたWEリーグカップ決勝でも顔を合わせ、今季の覇権を争うであろう両チーム。ベレーザにとっては、3点リードから追い付かれてのPK戦負けのリベンジの機会を早々に得た。

ただ、この重要な一戦では前節負傷交代となった山本柚月だけでなく、エースの植木理子もメンバー外に。[4-3-3]の頂点にはU-20女子ワールドカップ(W杯)メンバーの土方麻椰が起用された。

対する浦和も開幕戦でゴールを決めたU-20代表メンバーの島田芽依を先発で起用し、菅澤優衣香との2トップを形成した。

その島田は開始早々に強烈な左足フィニッシュを見せ、3分にも岩清水のパスを引っ掛けてGKとの一対一を迎えた。たが、ここはなでしこジャパンGK田中桃子に軍配が上がる。

ピンチをしのいだベレーザは7分、ボックス手前左から木下桃香が逆サイドへ展開すると、右ポケットで受けた岩﨑心南が長嶋玲奈を落ち着いてかわし、左足のフィニッシュ。対角へ沈め、試合を動かした。

先手を取られた浦和も24分、ボックス右角付近で直接FKを獲得すると、猶本光のクロスに菅澤が高い打点のヘディングをたたき込んで試合を振り出しに戻す。

さらに37分、柴田華絵がセンターサークル内から素早く浮き球を裏へ送ると、抜け出した猶本光がGKとの一対一を制し、浦和が逆転に成功した。

ただ、ベレーザもその5分後に猛攻を仕掛け、藤野あおばのシュートがGKに阻まれたこぼれに北村菜々美が詰め、浦和DF遠藤優のクリアを岩﨑心南がプッシュ。主審はブロックした石川璃音の手に当たったとしてベレーザにPKを与えた。これを木下が右隅へ沈めて同点とし、2-2で前半を終えた。

想像以上の打ち合いとなった前半同様、後半も開始早々からスコアが動く。53分、浦和は塩越柚歩の中盤でのパスをカットから速攻へ転じ、右サイドの深い位置から清家貴子がグラウンダーのクロス。これに菅澤が右足で合わせて再び前へ出ると、69分にはCKのこぼれ球を塩越が蹴り込んでリードを広げる。

ベレーザは79分に途中出場・宇津木瑠美のスルーパスを受けた藤野が、一度は倒されながらもボックス内で粘って右足でネットを揺らすも、浦和はその4分後、菅澤が鮮やかなループシュートを沈めて勝負あり。

両チーム併せて8ゴールが生まれた乱打戦は、昨季得点女王のハットトリックなどで浦和が制し、開幕2連勝を飾っている。

日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-5 三菱重工浦和レッズレディース

【ベレーザ】
岩﨑心南(前7)
木下 桃香(前42)
藤野あおば(後34)

【浦和L】
菅澤優衣香(前24)
猶本光(前37)
菅澤優衣香(後8)
塩越柚歩(後24)
菅澤優衣香(後38)