明治安田生命J3リーグ第31節の9試合が29日と30日に各地で行われた。

25日にJ2クラブライセンスが交付され、他会場も含めた今節の結果次第ではJ2昇格、そしてJ3優勝が決まる可能性のある首位のいわきFCはアウェイで11位のテゲバジャーロ宮崎と対戦。だが、19分に橋本のゴールで先制点を与えてしまう。攻めには転じるものの、最後までネットを揺らせず、1-0で敗戦となり、6戦ぶりの黒星に。J2昇格やJ3優勝は次節以降にお預けとなった。

2位の藤枝MYFCにもJ2クラブライセンスが交付され、現在の順位をキープすれば、クラブ史上初となるJ2昇格に。残り4節で首位いわきとの勝ち点差こそ「7」だが、3位、4位との勝ち点差は「2」という混戦模様のなか、今節は14位のガイナーレ鳥取とのアウェイゲームに臨んだ。だが、途中出場の神谷が1点ビハインドの後半アディショナルタイム4分に何とか同点ゴールを決めるのがやっとで1-1のドロー。首位との勝ち点差を「6」に縮めた一方、3位に同勝ち点で並ばれることとなった。

1年でのJ2復帰を至上命題とする4位の松本山雅FCはホームで7位のAC長野パルセイロとの信州ダービーに。多くのサポーターから後押しを受け、序盤から果敢にゴールへと迫り、26分に横山の右足で先制点をゲットすると、1-1の85分にはルカオが勝ち越し弾を決め、3連勝とした。なお、同勝ち点で並ぶ鹿児島ユナイテッドFCが敗れたため、松本が3位に浮上。さらに前述の通り、2位の藤枝とも勝ち点で並ぶ形となった。

◆明治安田生命J3リーグ第31節
10/29(土)
Y.S.C.C.横浜 2-0 福島ユナイテッドFC

10/30(日)
カターレ富山 2-3 FC今治
アスルクラロ沼津 1-2 ヴァンラーレ八戸
ガイナーレ鳥取 1-1 藤枝MYFC
テゲバジャーロ宮崎 1-0 いわきFC
鹿児島ユナイテッドFC 0-1 愛媛FC
松本山雅FC 2-1 AC長野パルセイロ
SC相模原 0-0 FC岐阜
カマタマーレ讃岐 2-2 ギラヴァンツ北九州