プレミアリーグ第14節、アーセナルvsノッティンガム・フォレストが30日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが5-0で圧勝した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は63分までプレーした。

アーセナルは前節、サウサンプトン相手に1-1のドローに終わり、公式戦の連勝が「8」でストップ。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)ではPSVに敵地で0-2の完敗を喫し、公式戦10戦ぶりとなる今季2敗目を喫することになった。来週末にチェルシーとのビッグロンドン・ダービーを控える中、白星を取り戻したい首位チームは最下位も前節にリバプールを破っているフォレストをホームで迎え撃った。

アルテタ監督は中2日の一戦に向けて先発5人を変更。ガブリエウ・ジェズス、サカ、トーマスら主力が復帰し、冨安は左サイドバックでのプレーとなった。

ホームの大歓声を後押しにアグレッシブに試合へ入ったアーセナルは開始早々に先制点を奪う。5分、左サイドの冨安から中央でボールを受けたマルティネッリが右のサカに一度ボールを展開し、ダイアゴナルランでニアに飛び込むと、サカの正確な左足インスウィングのクロスを頭で右隅へ流し込んだ。

幸先よく先制に成功したホームチームは、ここ最近課題となっている追加点を意識して畳みかける。8分にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でボールを受けたジェズスが左足で巻くシュートを狙うが、これはわずかに枠の左。さらに、11分には右CKの流れからサカのクロスに冨安が勢いを持ってゴール前に入っていくが、右足ボレーはDFに触られて枠の外に。

以降はフォレストが狙う縦に速い攻撃を何度か受けたものの、引き続き試合の主導権を握るアーセナル。19分には冨安の果敢な背後への飛び出しを起点にトーマス、ジャカの連携からボックス中央で落としを受けたマルティネッリに2点目のチャンスも、やや窮屈な体勢で放った左足シュートは相手DFのゴールカバーに遭う。

ここまで良い流れで試合を進めていたアーセナルだが、前半半ばにアクシデントが発生。試合序盤の接触プレーで左足首を痛めていたサカが一度はプレーに復帰したが、自らピッチに座り込んでしまう。そして、27分にネルソンがスクランブル投入された。

前半終盤にかけてもボールを握って押し込むアルテタのチーム。だが、過密日程の影響か、徐々に自陣でのイージーミスや不用意なボールロストでフォレストに付け入る隙を与える。そして、ショートカウンターやボックス内でフィニッシュの場面を作られるが、ホワイトのシュートブロックやサリバの力強い対人対応などで何とか難を逃れた。

ここ数試合はパワーダウンが顕著な後半に1点リードの状況で臨んだホームチーム。立ち上がりには左サイド深くで強引に仕掛けた冨安のクロスをファーのジェズスが頭で合わすが、これは枠を捉え切れない。

それでも、直後の49分には中盤を持ち上がったトーマスからの縦パスに反応したジャカがボックス左に持ち込んで中央のジェズスに短く繋ぐと、ブラジル代表FWは冷静に反転から右でフリーの味方へラストパス。DFのタイミングを外したネルソンの左足シュートはGKの好守に阻まれるが、こぼれ球にいち早く反応して右足の鋭いシュートを左上隅に突き刺した。

今季プレミアリーグ初出場となった中で価千金の今季初ゴールを奪ったネルソンはこれで完全に覚醒。52分にはマルティネッリの突破を起点にボックス右でウーデゴール、ジェズスの粘りから折り返されたボールをゴール前にタイミング良く飛び出して右足で左隅に流し込み、瞬く間の2点目を奪取する。

さらに、57分にはボックス手前右でのキープから冷静にマイナスの落としを選択すると、走り込んできたトーマスがノースロンドン・ダービーのゴールを彷彿とさせる見事なミドルシュートをゴール右上隅へ突き刺し、ネルソンは途中出場からの2ゴール1アシストと決定的な仕事を果たした。

この連続ゴールで勝利を確固たるものとしたアーセナルは、週替えに控えるELチューリッヒ戦、次節チェルシー戦を睨んで63分に冨安とマルティネッリを下げてファビオ・ヴィエイラ、セドリックを同時投入。この交代でネルソンが左ウイング、ファビオ・ヴィエイラが右ウイングに入った。

後半はフォレストに決定機はおろかフィニッシュまで持ち込ませない圧倒的な内容を見せるホームチームは、今後の戦いに向けて不発が続くエースに何とかゴールを取らせようと積極的にボールを集めるが、そのジェズスはゴールラッシュの流れに乗れず、幾つかの決定機をモノにできず。

76分にサリバとジャカを下げてエンケティア、ティアニーの投入で交代カードを使い切ったアーセナルは、78分にトーマスの縦パスをボックス内で収めたジェズスの落としからウーデゴールが左足の強烈なシュートを左上隅に突き刺す。そして、今季最多5点目を奪ってこの日のゴールショーを締めくくった。

その後、フォレストの反撃を危なげなく抑え切ってクリーンシートを達成したアーセナルが、最下位相手の5-0の大勝で公式戦3試合ぶりの白星を飾って首位キープに成功した。

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら