マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表FWアントニーが欠場したのはケガによるものだったようだ。イギリス『メトロ』が報じた。

ユナイテッドは30日のプレミアリーグ第14節でウェストハムをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。これで公式戦8試合負けなしとなり、順位も5位に浮上したが、今夏にアヤックスから加わって早々に主力と化すアントニーはメンバーにすら入らなかった。

そんな22歳だが、先のヨーロッパリーグにて左足でボールをコントロールしながらその場でくるくると2回転のトリックを披露すると、それが相手を舐めたプレーとして物議に。その騒動との関連が囁かれたが、エリク・テン・ハグ監督がそれを否定した。

アントニーにとって加入後初欠場となったが、オランダ人指揮官は騒動との結びつきを問われると、「いや、関係ない。ケガをしたんだよ。あまりひどくないのを祈るし、そうだとも思っていない。2、3日もすれば戻ってくるだろう」と返している。

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら