セルティックの日本代表FW古橋亨梧のゴールが話題となっている。

30日、スコティッシュ・プレミアシップ第13節でセルティックはリヴィングストンとアウェイで対戦した。

古橋は3トップの中央で先発出場。日本代表MF旗手怜央も先発出場した。なお、FW前田大然はベンチ入りも出番なし。MF井手口陽介はメンバー外だった。

前節は欠場し、リーグ戦で4試合ぶりのゴールが期待された古橋は、開始9分にいきなり見せる。

オフサイドラインを気にしながらもタイミングを見計らっていた古橋はグレッグ・テイラーのスルーパスに反応。切り返して右足でシュートを打つと見せかけ、相手DFがスローダウンした隙を突いてボックス内左から左足シュート。強烈なシュートをネットに突き刺した。

これでリーグ戦今季8点目。チームもその後2点を追加し、0-3で勝利をおさめていた。

豪快ゴールには「サポーターを黙らせるキョウゴ」、「フィジカルのあるFWは必要ないだろう」、「素晴らしいゴールだ」と、称賛の声が集まった。



第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら