浦和レッズは31日、リカルド・ロドリゲス監督(48)と今季をもっての契約解除で合意した旨を発表した。コーチ兼通訳の小幡直嗣氏(35)とも来季契約の非更新で合意したという。

ロドリゲス監督は2021年から浦和を指揮。2017年から率いた徳島ヴォルティスを2020年にJ2を制してJ1昇格に導いた手腕が買われ、初年度に天皇杯のタイトルをもたらした。

そうして迎えた今季もAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022で来年2月の決勝に導いたが、明治安田生命J1リーグでは最終節を残して8位。ルヴァンカップ、天皇杯も敗退した。

なお、クラブは「2020シーズンから取り組んでまいりました3年計画の振り返り、および2023シーズンの新体制につきましては、後日改めてお知らせいたします」としている。