レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオが判定に抗議した。

30日に行われたラ・リーガ第12節でジローナをホームに迎えたマドリー。前半はあまり流れを掴めずにハーフタイムを迎えたが、試合を折り返すと徐々に勢いを強め、70分にブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールのゴールで均衡を破った。

しかし、79分に物議を醸す場面が起こる。ジローナのFKの場面で相手がゴール前に放り込んだボールは、ボックス内のアセンシオが胸でコントロールしたかのように見えたが、VARによってハンドと判定され、相手のPKに。これを相手FWクリスティアン・ストゥアーニに決められ、同点に追いつかれた。

その後89分にはブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスが勝ち越しゴールを決めたかに思われたが、相手GKへのファウルを取られたことで、得点は取り消し。後半アディショナルタイムにはドイツ代表MFトニ・クロースが2枚目のイエローカードを受けて退場になった中、後味の悪い1-1のドローに終わった。

主審の厳しい判定も大きく影響し、2ポイントを失うこととなったマドリー。失点の原因となったPKを献上してしまったアセンシオは試合後、自身のツイッターを更新し、ジャッジに疑問を呈した。

「シーズン当初に説明されたハンドの定義とは何だったのか。今日僕たちは信じられないような事態に出くわした」

様々な議論を呼んでいる今回の判定。アンチェロッティ監督も試合後の会見で「もしアセンシオが手でボールに触れていたら、疑われる可能性があったかもしれない。しかし、そうではなく、PKはでっちあげだ」と珍しく不平を語っている。

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら