ローマは10月31日、セリエA第12節でヴェローナと対戦し3-1で勝利した。

前節ナポリに惜敗した8位ローマが、6連敗中の19位ヴェローナのホームに乗り込んだ一戦。

直近に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループC第5節のヘルシンキ戦を勝利しグループ2位通過に望みをつないだローマは、その試合から先発を3人変更。エル・シャーラウィ、ヴォルパート、ビーニャに代えてザニオーロ、カルスドルプ、イバニェスを先発で起用した。

立ち上がりは互いにボールが落ち着かない展開が続く中、ローマは19分に最初の決定機を創出する。中盤で右サイドでパスを受けたザニオーロがワンタッチで前線に繋ぐと、これに反応したカルスドルプがドリブルで持ち上がりラストパス。ボックス内に侵入したエイブラハムが飛び出したGKをかわしシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。

先制のチャンスを逃したローマは、相手のデザインされたセットプレーからピンチを迎える。27分、ヴェローゾが左CKをマイナス方向へ入れると、ペナルティアーク手前で受けたファラオーニがミドルシュート。最後はボックス中央ののダビドビッツが右足でコースを変えると、これがゴール右隅に決まった。

先制を許したローマは33分、自陣中盤でルーズボールを収めようとしたザニオーロがダビドビッツに左内モモ付近をスパイクされると、オンフィールドレビューの結果、ダビドビッツにレッドカードが提示された。

数的優位となったローマは、前半終了間際に同点に追いつく。アディショナルタイム2分、敵陣中盤でボールを奪ったカマラがショートカウンターを仕掛けると、ラストパスをボックス左で受けたエイブラハムがシュート。これは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をザニオーロが押し込んだ。

ハーフタイム明けに2選手を交代させたヴェローナに対し、ローマはクリスタンテを下げてエル・シャーラウィを投入。さらに57分には、交代を要求したザニオーロとザレフスキを下げてヴォルパートとベロッティをピッチに送り出した。

膠着状態が続く中、ローマはセットプレーから決定機を迎える。83分、ペッレグリーニの左CKをニアサイドのマティッチがドンピシャのヘッドで合わせたが、これはクロスバーを直撃。

1-1のまま試合終了かと思われたが、終盤にローマが勝ち越しに成功する。88分、左サイドから仕掛けたマティッチがボックス左深くからマイナスへ折り返しを供給すると、ペナルティアーク内のヴォルパートがダイレクトシュート。これがゴール右隅に決まった。

さらにローマは、後半アディショナルタイム2分にもヴォルパートのラストパスからエル・シャーラウィがネットを揺らし、3-1でタイムアップ。セリエAデビューの新星ヴォルパートの活躍で勝利したローマが4位に浮上している。

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら