ブライトン&ホーヴ・アルビオンのベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(27)にプレミアリーグOBのガブリエル・アグボンラホル氏が太鼓判を押した。イギリス『メトロ』が報じている。

今季の開幕から間もなくしてグレアム・ポッター監督が引き抜かれる事態に見舞われたブライトンのなかで、決定的な働きをもって大きなインパクトを残すトロサール。契約も2023年までとあって、恩師のポッター監督率いるチェルシーや、アーセナルなどを中心にビッグクラブの関心が取り沙汰される。

そのなか、先月初旬に選手本人からイギリス『BBC』のインタビューでステップアップの可能性が示唆され、さらに去就が注目の的に。現役時代にアストン・ビラなどでプレーした元イングランド代表FWのアグボンラホル氏はイギリス『talkSPORT』でビッグクラブでもやれる力のある選手と評している。

「彼は非常に良くなったね。ゴールを決めていて、脅威になれている。チェルシー戦でのゴールは落ち着いて、ネットに突き刺したものだったし、ベルギー代表としてもレギュラーとしてプレーできるだろう」

「で、多くのヨーロッパクラブを惹きつけるだろうね。プレミアリーグのクラブもしかりだ。彼なら、アーセナルやチェルシー、トッテナムでもやれると思う。だから、今のようなプレーが続けば、もしかしたら1月にあるかもね。ブライトンは少しの金を得られるなら、1月に売るかもしれない」

第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら