マンチェスター・シティによるハロウィンのドッキリ企画が好評だ。

29日のプレミアリーグ第14節、アウェイでのレスター・シティ戦をMFケビン・デ・ブライネの一振りで制したシティ。翌日にリカバリーのために訪れた選手たちが、仕掛け人となったMFカルヴァン・フィリップスの毒牙にかかった。

フィリップスはおどろおどろしいマスクを被り、物陰から飛び出してシティの各選手を驚かせた。ご機嫌な表情が崩れるMFベルナルド・シウバに始まり、DFナタン・アケに至っては取れ高抜群のリアクションを披露。思わず悪態をつくほどだった。

一方でFWアーリング・ハーランドやデ・ブライネなどはまったく動じず。閲覧者からは「面白すぎる」、「このようなコンテンツをもっと!」、「ハーランドを怖がらせることはできません...彼はマスクなしであなたたちを怖がらせることができます」など、様々なコメントが寄せられている。

そのほかDFジョン・ストーンズやMFロドリゴ・エルナンデスも登場したドッキリ企画。名残惜しいのは「ペップの反応が見たかった」との声のように、ジョゼップ・グアルディオラ監督へのいたずらが見られなかったことだろうか。



第6節はリバプールvsナポリ、Rマドリードvsセルティック、ミランvsザルツブルクなど注目試合が開催!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら