マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、セビージャ戦を振り返り、ゴールを決めたDFリコ・ルイスを称えた。クラブ公式サイトが伝えた。

シティは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第6節でセビージャと対戦。すでにグループステージを突破している中での試合となり、控え選手中心のメンバー構成となった。

試合は31分に先制を許すも、52分にルイスがゴール。その後、73分にフリアン・アルバレス、83分にリヤド・マフレズにゴールが生まれ、3-1で勝利を収めた。

グアルディオラ監督は、この試合でゴールを記録し、17歳と346日で大会初先発初ゴールはカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)がリヨン時代の2005年に記録した17歳352日の最年少記録を樹立したルイスについて言及。素晴らしい選手であることは分かっていたとし、プレーする機会を与えて良かったと称賛した。

「彼はとても賢い。最後までスタンディング・オベーションをし、素晴らしいプレーをしていた」

「クレバーでインテリジェントだ。何かを言っても、彼は試合中に何が起きたかを知っているし、これ以上の練習はいらない」

「我々は毎日彼に会っている。ここではプレゼントはない。彼がアカデミー出身のシティファンであるという理由だけでプレーできるわけではない。必ず、勝ち取らなければいけない」

「プレシーズンのアメリカでバイエルンと数分間戦った初日から彼を見てきた。トレーニングセッションでは、特別なものを持っているといつも思っていた」

「ディフェンシブな彼は、十分にアグレッシブだった。改善する余地はあるが、インサイドでボールを持つことはとても良く、アウトサイドでのプレーは今日も見られた。一対一のクロスや良いフィニッシュだ」

「完璧なシナリオだ。我々はホームで仲間と一緒にいるのだから、彼に時間を与えるのは完璧なことだ」

「良い選手であれば、私は2分で気がつく。時間は要らない」