トッテナムが頭一つ抜けた存在も、大本命不在となったグループDは、戦前の見立て通りに今グループステージ最激戦区に。その混戦を土壇場で制したのはトッテナムとフランクフルトの2チームとなった。

■順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.トッテナム[11/3/2/1/2]
2.フランクフルト[10/3/1/2/-1]
3.スポルティングCP[7/2/1/3/-1]
4.マルセイユ[6/2/0/4/0]

◆思わぬ苦戦も土壇場首位通過〜トッテナム〜
Getty Images
グループ本命に挙げられた中、苦しみながらも劇的に首位通過を決めた。

昨季の終盤戦で躍動したスカッドに加え、今夏MFペリシッチやFWリシャルリソン、MFビスマ、DFラングレと実力者を迎えてシーズンに臨んだトッテナム。内容面に大きな課題を残しながら3位に付けるプレミアリーグ同様にCLにおいても、相手を圧倒するパフォーマンスは見せられなかったが、FWケインFWソン・フンミンを中心に見事な勝負強さを発揮した。

安定したホームゲームではスポルティング戦こそ微妙なVAR判定で劇的決勝点を取り消されて勝ちを逃したが、2勝1分けの無敗を維持。近年不得手とするUEFAコンペティションでのアウェイゲームでは、1敗1分けの未勝利で臨んだマルセイユとの最終節で2-1の逆転勝利。前半の失点によって一時敗退の危機に直面したが、DFラングレの同点ゴールと後半ラストプレーでMFホイビュアが決めたゴールによって逆転勝利し、最終節での劇的な勝ち上がりを決めた。

攻守両面で大きな課題を残しており、決勝トーナメントでは負傷者の復帰や今冬の補強と共にスロースタートの悪癖、ビルドアップとプレス精度の改善が求められるところだ。

◆鎌田躍動で初の決勝トーナメント進出〜フランクフルト〜
Getty Images
昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者としての意地をみせ、初参戦となったグループリーグを見事に2位通過した。

EL優勝の立役者となったMFコスティッチの流出や補強面が振るわず、ブンデスリーガで厳しい序盤戦を過ごしたフランクフルト。このグループリーグでもホームでの初戦でスポルティングに大敗と大きく躓いたが、しり上がりに調子を上げたチームはマルセイユ相手の連勝とトッテナム相手の善戦で望みを繋ぐと、最終節ではスポルティングとの敵地での直接対決を2-1の逆転勝利で飾り、見事に逆転での突破を決めた。

MF鎌田大地とMF長谷部誠の日本人2選手では、CL初参戦となった鎌田が第4節のトッテナム戦から日本人選手史上初の3試合連続ゴールを記録。セントラルMFとシャドーのポジションで攻守にハイパフォーマンスを披露し、世界最高峰の舞台で自身の価値を大きく高めた。一方、ヴォルフスブルク時代以来、久々の参戦となった長谷部は第2節のマルセイユ戦からリベロとして3試合連続スタメンを飾った中、ホームでのトッテナム戦ではケインやリシャルリソンを完璧に封じ込める圧巻のパフォーマンスを披露し、国内外のメディアから激賞を浴びた。その後、ヒザの負傷で2試合を欠場したが、決勝トーナメントでの躍動が期待されるところだ。

◆守田奮闘もマルセイユ戦連敗が痛恨〜スポルティングCP〜
Getty Images
グループリーグを通じて最も安定したパフォーマンスを披露したが、無念の3位敗退となった。

今夏の移籍市場でMFマテウス・ヌネス、MFパリーニャなど絶対的主力が流出し、国内リーグの序盤戦の低迷によって下馬評では最も低い評価となったが、若き智将アモリムの下でグループリーグ序盤戦は見事なパフォーマンスを披露。フランクフルトを敵地で粉砕すると、第2節ではトッテナム相手に互角以上の内容をみせ、試合終盤の2ゴールによって金星を挙げた。

しかし、2連敗で最下位のマルセイユとの連戦ではいずれも自滅でまさかの連敗。初戦では守護神アダンが2失点に絡むミスに加えて退場、第2戦では前半に2人の退場者を出し、自ら厳しい試合展開に。それでも、ホームでの最終節を2位で迎えたが、フランクフルトに競り負けて無念のEL行きとなった。

CL初参戦となったMF守田英正は最終節を負傷欠場したものの、5試合でスタメン出場。デビュー戦となったフランクフルト戦ではアシストを記録するなど、マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を披露。それ以外の試合においても攻守両面で安定したプレーをみせ、前述の鎌田同様に自身の価値を高めている。

◆勝負強さ欠いて最下位フィニッシュ〜マルセイユ〜
Getty Images
選手個々のクオリティや経験値で突破の候補に挙がるも、無念の最下位フィニッシュに。

開幕前にサンパオリからトゥドールへの監督交代という混乱はあったものの、昨季リーグ・アン2位の戦力に加えて、FWアレクシス・サンチェス、DFバイリー、MFヴェレトゥら経験豊富な新戦力の加入。リーグ戦での序盤戦の快進撃によって良い形でグループリーグに臨んだマルセイユ。

グループリーグではトッテナムとの初戦のDFムベンバの退場など不運もあったが、パフォーマンス自体は決して悲観すべきものはなかった。ただ、いずれも競り負けたフランクフルトとの2試合、先制点を含め試合の大半で圧倒したトッテナムとの最終節での逆転負けを含め、決定力や耐える時間帯での失点とゲームコントロール、勝負強さを欠いたことが最下位という結果に繋がった印象だ。