2022-23シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が3日に終了した。今大会にはアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドの優勝候補2チームに加え、ラツィオやローマ、ベティスといった5大リーグの強豪クラブが参戦。また、日本人選手7人が参戦した。

ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを総括していきたい。

◆アーセナルが順当首位通過、苦戦ローマ勢に明暗
Getty Images
昨季は比較的地味な顔ぶれとなったグループステージだったが、今季はアーセナルとユナイテッドという2つのメガクラブが参戦した。

アルテタ体制4シーズン目で戦術の浸透、若手の台頭に勝者のメンタリティを持つFWガブリエウ・ジェズス、MFジンチェンコら即戦力の加入で力を増すアーセナル。プレミアリーグではマンチェスター・シティやリバプールらを抑えて首位を維持する中、PSVとボデ/グリムト、チューリッヒと同居したグループAを順当に首位通過した。

チャンピオンズリーグ(CL)と異なり、ある程度メンバーを落とせるELではターンオーバーが可能となった中、負傷明けでコンディションを上げたい主力や若手、控え選手をメインスカッドに据えた。リーグ戦での序列を引っくり返すような選手は現れなかったものの、MFファビオ・ヴィエイラやFWマルキーニョスの成長を促すと共に、ポジション争いをある程度活性化させることに成功。4連勝で2位以内を確定させた後はPSV相手の初黒星、格下チューリッヒ相手に思わぬ苦戦を強いられたが、目標だったラウンド16ストレートインをきっちり決めている。

一方、テン・ハグ新体制でリーグ戦のスタートダッシュに失敗したユナイテッドは、ELの舞台でも苦戦。開幕前はレアル・ソシエダ、シェリフ、オモニア相手に首位通過は堅いと思われたが、ホーム開催の開幕節でソシエダに0-1の敗戦スタート。本来であれば、リーグを最優先にELでは積極的にターンオーバーを実施したいところだったが、戦術面の浸透と結果を優先するオランダ人指揮官はバックラインを中心に比較的主力を起用し続けた。

ただ、格下相手に大勝したゲームは3-0で勝利した第5節のシェリフ戦のみで、決定力不足や試合運びのまずさを露呈。最終節では敵地でソシエダにリベンジを果たしたが、グループ全体の得失点差で及ばず、グループ2位でプレーオフへ回る形に。戦術面の浸透はある程度進んだが、最終節でトップチーム初ゴールを挙げた18歳FWガルナチョを除き若手や控えの台頭は皆無。守護神デ・ヘアが出ずっぱりでセカンドGKドゥブラフカら控えGKの実戦不足は有事の際の懸念材料だ。

そのイングランドの強豪2クラブと共にグループステージ時点では優勝候補の一角に挙がった強豪クラブでは、今大会に相性が良いスペイン勢のベティス、フライブルク、フェネルバフチェらが安定したパフォーマンスで首位通過を決定。一方、ローマとラツィオのイタリア勢は共に厳しいグループステージとなった。

前述のベティスと同じグループCに同居したローマは、昨季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)優勝の実績に加え、FWディバラ、FWベロッティ、MFワイナルドゥム、MFマティッチら実力者を補強し、勝負師モウリーニョの存在もあって開幕前には優勝候補の一角に挙がった。しかし、その新戦力の中でワイナルドゥムとディバラが長期離脱、ベロッティも不振に陥ってチームとして苦戦。ベティス相手の1敗1分けは別として、格下ルドゴレツにも敗戦する屈辱を味わった。そして、3位で最終節を迎えた中、ルドゴレツに薄氷の勝利を飾って逆転でのプレーオフ行きを決めるので精いっぱいだった。

そのローマ以上に苦戦したのが、サッリ体制2年目のラツィオ。昨季の主力をほぼ残留させ、MFベシーノやDFロマニョーリら実力者を補強したが、主砲インモービレのバックアップ不在が響く形に。フェイエノールト、ミッティラン、シュトゥルム・グラーツと決して厳しいグループではなかったが、ミッティランに屈辱の1-5の大敗、煮え切らないシュトゥルム・グラーツとの2戦連続ドロー。思うように勝ち点を伸ばせずにいると、首位で迎えたフェイエノールトとの最終節では0-1と競り負け、全チームが勝ち点8で並ぶ異例の大混戦の中で3位敗退。ECLのプレーオフに回ることになった。

その他では元レアル・マドリーDFマルセロやDFヴルサリコ、FWファン・ウィジョら積極補強で注目を集めたオリンピアコス、今大会の常連であるディナモ・キーウ、ブラガ、ツルヴェナ・ズヴェズダといったクラブが無念の敗退となっている。

なお、来年2月半ばに開催されるプレーオフでは各グループの2位通過チームと、CLグループステージ3位敗退組からバルセロナ、ユベントスのメガクラブに加え、セビージャ、アヤックス、レバークーゼン、スポルティングCPら強豪が激突。各チームの勝ち上がり次第ではラウンド16以降は例年以上の豪華な対戦カードが期待できそうだ。

◆6選手が決勝T進出〜日本人選手〜
Getty Images
今シーズンのELグループステージではアーセナルのDF冨安健洋、ソシエダのMF久保建英、フライブルクのMF堂安律、モナコのFW南野拓実、ウニオン・ベルリンのMF原口元気、ユニオン・サン=ジロワーズのDF町田浩樹、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら7人の日本人選手がプレーした。

その中で冨安、久保、堂安、町田の4選手が首位通過でのラウンド16ストレートイン、南野と原口が2位通過でのプレーオフ行きを決めている。

グループステージで活躍が光ったのは、ビジャレアル時代以来2シーズンぶりのEL参戦となった久保と昨季PSV時代に続き2シーズン連続の参戦となった堂安の日本代表アタッカーコンビ。

“ラ・レアル”加入以降、絶対的な主力に君臨する久保は、左肩の脱臼で欠場したユナイテッドとの最終節を除き5試合に出場。相棒FWセルロートとのホットラインで2アシストを記録したほか、ユナイテッドとのアウェイでの初戦では“夢の劇場”で躍動感あるパフォーマンスをみせ、格上の守備陣を圧倒。チームの首位通過に尽力している。

一方、堂安はフライブルクがEL初参戦となった中で今大会を知る貴重な存在として攻撃を牽引。5試合の出場で1ゴール1アシストを記録。初戦のカラバフ戦ではチームに歴史的勝利をもたらす決勝点、第3節のナント戦では決勝点をアシストする決定的な仕事を果たしている。

アーセナルの首位通過に貢献した冨安はグループステージ全試合に出場。DFホワイトとの右サイドバックでのポジション争いで後れを取ったシーズン序盤はリーグ戦でクローザー起用が続いた中、チューリッヒとボデ/グリムトとの2試合でフル出場。ここでのパフォーマンスが評価されてリーグ戦でも左右のサイドバックでポジションを奪取すると、首位攻防となったPSVとの第4節ではチームを勝利に導く今季公式戦初アシストを記録した。最終節のチューリッヒ戦では筋肉系のトラブルで途中出場からの負傷交代となったが、決勝トーナメントでは主力としての活躍が期待されるところだ。

なお、クラブ史上初のEL参戦となったサン=ジロワーズの町田は開幕から臀部の負傷が長引き長期離脱を強いられており、チームが首位通過の快挙を成し遂げた中でグループステージは全試合欠場に。ラウンド16以降でのELデビューを目指す。

2位通過組ではウニオンの原口が全試合に出場し、南野は3試合の出場にとどまった。これまでウニオンの中盤の主力を担ってきた原口だが、ブンデスリーガで首位に立つ絶好調のチームにおいて大きく序列を下げている。そういった中、ELでは3試合の先発出場を含めて十分なプレー機会を得たが、リーグ戦での序列を覆すまでのアピールはできなかった。一方の南野は鳴り物入りでの加入も、CL予備予選での低調なパフォーマンスによって大きく評価を落とすと、リーグ・アンとELの両コンペティションでも完全に控えの立場に甘んじた。

昨季はECLでプレーしたものの、自身初のELグループステージを戦った田中はいずれも途中出場で2試合に出場。ベティスとローマという強豪と同居したこともあり、チームは最下位での敗退となっている。

ELグループステージ最終順位

◆グループA
1. アーセナル(勝ち点15)
――EL決勝T進出――
2. PSV(勝ち点13)
―EL決勝T・PO進出―
3. ボデ/グリムト(勝ち点4)
―ECL決勝T・PO進出―
4. チューリッヒ(勝ち点3)

◆グループB
1. フェネルバフチェ(勝ち点14)
――EL決勝T進出――
2. スタッド・レンヌ(勝ち点12)
―EL決勝T・PO進出―
3. AEKラルナカ(勝ち点5)
―ECL決勝T・PO進出―
4. ディナモ・キーウ(勝ち点1)

◆グループC
1. レアル・ベティス(勝ち点16)
――EL決勝T進出――
2. ローマ(勝ち点10)
―EL決勝T・PO進出―
3. ルドゴレツ(勝ち点7)
―ECL決勝T・PO進出―
4. ヘルシンキ(勝ち点1)

◆グループD
1. ユニオン・サン=ジロワーズ(勝ち点13)
――EL決勝T進出――
2. ウニオン・ベルリン(勝ち点12)
―EL決勝T・PO進出―
3. ブラガ(勝ち点10)
―ECL決勝T・PO進出―
4. マルメ(勝ち点0)

◆グループE
1. レアル・ソシエダ(勝ち点15)
――EL決勝T進出――
2. マンチェスター・ユナイテッド(勝ち点15)
―EL決勝T・PO進出―
3. シェリフ(勝ち点6)
―ECL決勝T・PO進出―
4. オモニア(勝ち点0)

◆グループF
1. フェイエノールト(勝ち点8)
――EL決勝T進出――
2. ミッティラン(勝ち点8)
―EL決勝T・PO進出―
3. ラツィオ(勝ち点8)
―ECL決勝T・PO進出―
4. シュトゥルム・グラーツ(勝ち点8)

◆グループG
1. フライブルク(勝ち点14)
――EL決勝T進出――
2. ナント(勝ち点9)
―EL決勝T・PO進出―
3. カラバフ(勝ち点8)
―ECL決勝T・PO進出―
4. オリンピアコス(勝ち点2)

◆グループH
1. フェレンツヴァーロシュ(勝ち点10)
――EL決勝T進出――
2. モナコ(勝ち点10)
―EL決勝T・PO進出―
3. トラブゾンスポル(勝ち点9)
―ECL決勝T・PO進出―
4. ツルヴェナ・ズヴェズダ(勝ち点6)

◆CL3位敗退組
アヤックス(オランダ)
レバークーゼン(ドイツ)
バルセロナ(スペイン)
スポルティングCP(ポルトガル)
レッドブル・ザルツブルク(オーストリア)
シャフタール(ウクライナ)
セビージャ(スペイン)
ユベントス(イタリア)