ナポリは4日、ジョージア代表MFクヴィチャ・クワラツヘリアが5日に行われるセリエA第13節アタランタ戦を欠場すると発表した。離脱期間は明かされていない。

クワラツヘリアは1日に行われたチャンピオンズリーグ・グループA最終節リバプール戦では先発、83分までプレーしていた。

今夏、ナポリに加入したクワラツヘリアは鮮烈なパフォーマンスを披露して一躍、時の人に。セリエAではここまで12試合出場6ゴール7アシスト、CLでは5試合出場2ゴール3アシストと圧巻のスタッツを残している。

2位アタランタとは4ポイント差、重要な上位決戦をクワラツヘリアを欠いてナポリは挑むことになった。