【明治安田生命J1リーグ最終節】
2022年11月5日(土)
14:00キックオフ
北海道コンサドーレ札幌(10位/42pt) vs 清水エスパルス(17位/33pt)
[札幌ドーム]

◆1桁フィニッシュのための勝利を【北海道コンサドーレ札幌】

前節は3位争い中のサンフレッチェ広島を相手に2-1で勝利。ほぼ決まっていた残留をしっかりと決めた。

6シーズン連続での残留と、かつては昇降格を繰り返していただけに、成長したと言える。そして、何よりも自分たちのサッカーを貫いての結果。最後も勝って終わりたいところだ。

現在10位。最高8位まで浮上できる可能性がある。一時は残留を争っていたことを考えれば、しっかりと勝ち点を積み上げたこと、そして今季の残留争いが厳しいものだったと言える。

今シーズンは上位相手にも遜色ないサッカーを見せられており、あとは結果だけ。そしてつまらない取りこぼしを減らす必要があるだけに、降格圏の清水には勝って終わらなければいけない。

相手は勝たなければ降格という死に物狂いで戦ってくる。そこをどう乗り越えるのか。関係者6名が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことも発表されメンバーがどうなるかは不明。それでも、ホームで勝利で締めくくりたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:中野小次郎
DF:田中駿汰、岡村大八、福森晃斗
MF:ルーカス・フェルナンデス、荒野拓馬、宮澤裕樹、菅大輝
MF:ガブリエウ・シャビエル、青木亮太
FW:キム・ゴンヒ
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ
出場停止:金子拓郎

◆勝利が最低条件【清水エスパルス】

いよいよ迎えた最終節。降格圏で迎えることとなったが、残留の可能性はまだ残されている。

前節はホームに鹿島アントラーズを迎えた一戦。不運な形でゴールを奪われ、0-1で敗れた。

ライバルたちがそれぞれ勝ち点を積み上げた中で、重くのしかかる「0」。それでも、最後まで可能性を残せたことは運があるということだろう。

残留の条件は、最低条件として勝利。それ以外の結果は即降格だ。また、勝った上でも、G大阪が敗戦、または京都サンガF.C.が引き分け以下という条件が乗っかってくる。自力での残留は不可能な状況だ。

ここ6試合は勝利なし。残留争いのライバルに勝ち点をプレゼントしてしまったことも苦しい状況に追い込まれる要因となった。

さらに、乾貴士は出場停止、北川航也は負傷欠場となり、最終戦はベストではないメンバーに。それでも、思いは1つ。とにかく勝利あるのみだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:権田修一
DF:片山瑛一、立田悠悟、鈴木義宜、山原怜音
MF:中山克広、白崎凌兵、ホナウド、西澤健太
FW:チアゴ・サンタナ、カルリーニョス・ジュニオ
監督:ゼ・リカルド
出場停止:乾貴士