5日、明治安田生命J1リーグの最終節が行われた。

全9試合が同時にキックオフを迎える中、横浜F・マリノスと川崎フロンターレが優勝争いを演じ、横浜FMがヴィッセル神戸に1-3で勝利し逃げ切り優勝。川崎FはFC東京との撃ち合いを3-2で制したものの、一歩及ばなかった。

一方で、混沌としていた残留争いにも決着が。すでにジュビロ磐田が降格していた中、5チームが最終節で残留を争うことに。全てのゲームがアウェイで行われるという珍しい中、決着がついた。

勝ち点38の13位で最終節を迎えた湘南ベルマーレは、柏レイソルと対戦。試合は町野修斗、瀬川祐輔がネットを揺らして2点を先行。小屋松知哉に1点を返されるも、1-2で逃げ切り自力で残留を決定。また神戸が敗れたことで順位を1つあげ、12位でフィニッシュした。

14位で最終節を迎えたアビスパ福岡は、浦和レッズとアウェイで対戦。こちらも勝てば残留が決まる中、56分に岩波拓也にゴールを奪われてビハインドに。それでも60分にフアンマ・デルガドがゴールを決めて追いつくと、その後はスコアが動かず1-1のドローとなった。

15位のガンバ大阪は、鹿島アントラーズと対戦。前節の勝利で残留圏に浮上すると、シーズンラストマッチは0-0のゴールレスドローに終わる。

16位のJ1参入プレーオフ圏で最終節を迎えた京都サンガF.C.は最下位の磐田と対戦。互いに決定機を迎える中、ゴールを奪い切れずにタイムアップ。0-0のゴールレスドローに終わった。

そして自動降格圏の17位で最終節を迎えた清水エスパルス。勝利しなければ残留はないなか、北海道コンサドーレ札幌と壮絶な撃ち合いを演じる。

41分にガブリエウル・シャビエルがゴールを決めて札幌が先制。1点ビハインドで後半を迎えるが、49分にチアゴ・サンタナ、51分に白崎凌兵が連続ゴールを決め、逆転に成功する。

このままいけばプレーオフ圏に浮上する清水だったが、60分に青木亮太にネットを揺らされてしまい同点となり、再び自動降格圏に転落。それでも78分にホナウドが決めて再びプレーオフ圏に入った。

京都が引き分けていることで恩恵を受けるかと思われたが、86分にキム・ゴンヒが決めて再び同点に。最低でもあと1点が必要となった中、後半あアディショナルタイムに失点。再び青木に決められ、札幌に勝ちこされてしまう。

プレーオフには最低2点が必要となった中、最後は反撃できずに終了。4-3とシーソーゲームは札幌に軍配が上がり、清水の自動降格が決定。京都のプレーオフ参加、湘南、福岡、G大阪の残留が決定した。

◆明治安田生命J1リーグ最終節結果

柏レイソル 1-2 湘南ベルマーレ
【柏】
小屋松知哉(後9)
【湘南】
町野修斗(前41)
瀬川祐輔(後1)

浦和レッズ 1-1 アビスパ福岡
【浦和】
岩波拓也(後11)
【福岡】
フアンマ・デルガド(後15)

鹿島アントラーズ 0-0 ガンバ大阪

ジュビロ磐田 0-0 京都サンガF.C.

北海道コンサドーレ札幌 4-3 清水エスパルス
【札幌】
ガブリエル・シャビエル(前41)
青木亮太(後15、後47)
キム・ゴンヒ(後41)
【清水】
チアゴ・サンタナ(後4)
白崎凌兵(後6)
ホナウド(後33)