ヴィッセル神戸サポーターからFW大迫勇也へ心強い"メッセージ"が送られた。

これまで日本代表のセンターフォワードとして君臨し続けてきた大迫。負傷の影響で9月の欧州遠征メンバーからは漏れたが、復帰後は神戸で圧巻の存在感を発揮するなど復調を示していた。

だが、1日に発表されたカタール・ワールドカップ(W杯)に臨む26名に、名前が挙がることはなかった。

神戸は5日、優勝が懸かる横浜F・マリノスをホームに迎え、大迫も先発出場。神戸のサポーターは、複雑な心境の中で試合を迎えるであろう背番号「10」へ向け、大迫の巨大なイラストを掲げ、エールを送った。

粋な演出にはファンからも、「素敵」、「最高」、「大迫チャント最高でした」、「これが半端ない男や!」などの賛辞が寄せられている。

試合は1-3で敗れ、眼前でのシャーレアップを許した神戸だが、その中でも大迫はフル出場を果たし奮闘。ポストプレーや空中戦などで攻撃の起点を担い、今季のラストゲームを終えた。