ジュビロ磐田は5日、代表取締役社長の小野勝氏(64)が辞任することを発表した。

なお、後日の取締役会にて正式に決定するとのこと。後任に関しては、決定後に発表されるとのことだ。

小野氏は、兵庫県出身で、1981年4月にヤマハ発動機株式会社に入社。2012年3月に執行役員に就任した。

その後、2012年9月にYamaha Motor Vietnam Co.,Ltdの取締役社長に就任。2016年1月にはヤマハ発動機でCS本部長、上席執行役員、顧問となり、2018年6月に株式会社ジュビロの取締役に就任。2019年1月から代表取締役社長を務めていた。

就任1年目はJ1で最下位の18位となりJ2に降格。2020年はJ2で6位となるが、2021年にJ2で優勝しJ1に昇格。今シーズンに臨んだ中、シーズンを通して苦しみ続け、第33節でガンバ大阪に敗れて1年での降格が決定。最終節では京都サンガF.C.と対戦し、0-0のドロー。最下位で降格となっていた。