プレミアリーグ第15節、ウォルバーハンプトンvsブライトンが5日にモリニュー・スタジアムで行われ、アウェイのブライトンが2-3で勝利した。なお、ブライトンのMF三笘薫は先発し90分までプレーした。

ブライトンは前節、今季途中まで指揮を執っていたグレアム・ポッター率いる因縁の相手チェルシーに4-1の快勝を収め、デ・ゼルビ新体制6戦目にして待望の初勝利を挙げた。その勢いに乗って連勝を狙う8位のチームは、降格圏の19位に沈むウルブスとのアウェイゲームに臨んだ。チェルシー戦で先制点をアシストするなど印象的な活躍を披露した三笘は[4-2-3-1]の左ウイングで2試合連続のスタメンを飾った。

試合前にフレン・ロペテギ新監督の招へいが発表されたウルブスだが、この試合ではスティーブ・デイビス暫定体制が継続。入りは球際を強調しつつも、リスク回避の姿勢を示す。

そのホームチームに対して後方からボールを動かしながら主導権を握るブライトンは、9分にララナの背後への抜け出しを起点にゴール前のマーチに決定機も、ここは相手DFキルマンの見事なブロックに遭う。

それでも、直後の10分には三笘が2戦連続で魅せる。ボックス手前左でボールを持った日本代表MFはDF2枚を相手に仕掛けを匂わせながら、意表を突く右足アウトを使った横パスを選択。これをボックス中央のトロサールがワンタッチで短く落とすと、ララナが無駄を削ぎ落したスムーズなフィニッシュワークから右足のシュートを右隅へ突き刺した。

三笘を起点とした鮮やかな崩しから幸先よく先制したアウェイチームだが、一瞬の隙からわずか2分後に追いつかれる。12分、エストゥピニャンが不用意につり出された左サイドの背後に抜け出したゲデスにブバカル・カマラからスルーパスを通されると、必死のカバーを見せた三笘が身体をぶつけたものの、そのままゴール付近まで持ち込まれて右足のシュートをニア下に流し込まれた。

1-1のイーブンに戻った試合はここから拮抗した展開に。序盤に比べて自陣の深い位置まで持ち込まれる場面が増えるブライトンだが、逆に三笘やマーチ、トロサールを生かしたカウンターが効きはじめる。23分にはカイセドの効果的なサポートから左サイドで縦に仕掛けた三笘からニアゾーンを取ったトロサールにラストパスが通るが、左足のシュートは枠を捉え切れない。

前半半ば以降は完全に主導権を握っていたブライトンだが、30分にはポデンセのボックス内でのクロスに対してDFダンクが頭上付近に上げていた肘にボールが当たると、オンフィールド・レビューの結果ハンドでのPKと判定される。これをキッカーのネヴェスに決められて35分の逆転ゴールとされた。

これで嫌な流れが漂い始めるが、絶好調の日本代表がチームを救う。44分、ボックス右手前で強引に仕掛けたララナがDFを抜き切らずに正確なクロスを上げると、ファーで待ち構えていた三笘がDFに競り勝って渾身のヘディングシュートを左隅へ流し込み、プレミアリーグ初ゴールを記録した。

さらに、勢いづく三笘は前半終了間際にも味方からのロングフィードに反応すると、絶妙なファーストタッチでDFセメドの前に入りボックス左付近でラグビータックルのような形で倒される。このファウルに対して主審は迷わずレッドカードを掲示し、見事に退場を誘発した。

躍動三笘の活躍によって2-2に追いつき且つ数的優位で後半に臨んだブライトンは、ポデンセを下げてジョニーの投入で4バックを維持するウルブスに対して、序盤からハーフコートゲームを展開していく。

立ち上がりはセットプレーを含め多くのフィニッシュを作り出したアウェイチームだが、時間の経過と共にうまく守られて攻撃が停滞。これを受け、65分にはララナを下げて負傷明けのウェルベックを最前線に投入した。この交代直後にはウェルベックが得た好位置のFKをマク・アリスターが直接狙うが、枠を捉えたシュートはGKジョゼ・サの好守に遭う。

後半半ばから終盤にかけて試合は一進一退の攻防に。攻めあぐねるデ・ゼルビのチームは、途中出場のアダマ・トラオレに決定機を許す場面も。

その後、80分過ぎにエストゥピニャン、トロサールを下げてギルモア、ウンダブを同時投入したブライトンは三度三笘がチームの突破口となった。83分、ボックス左でカイセドからパスを受けた三笘はそのままゴールライン際に鋭い仕掛けで持ち込んで正確なプルバック。これを中央のウンダブが右へ流すと、グロスが腰の捻りを利かせた右足のシュートを突き刺した。

これでリードを手にしたブライトンは試合をクローズにかかる中で殊勲の三笘は90分にフェルトマンとの交代でお役御免に。その後、10人のウルブス相手に逃げ切ったデ・ゼルビのチームが2連勝を飾った。