大車輪の活躍を見せたブライトン&ホーヴ・アルビオンの日本代表MF三笘薫が最高評価を受けた。

5日、プレミアリーグ第15節でウォルバーハンプトンとアウェイで対戦しているブライトン。前節のチェルシー戦で初先発を飾った三笘は、この試合も連続で先発出場を果たした。

カタール・ワールドカップ(W杯)に向けた日本代表メンバー26名にも選出された三笘。この試合も左サイドに入ると、10分にはアウトサイドにかけたパスから、最後はアダム・ララナが決めてブライトンが先制。ゴールの起点となるパスを出した。

その後に逆転をされてしまうが、44分に待望の瞬間がやってきた。ブライトンは右サイドを崩すと、ドリブルでボックス内に侵入したララナのクロスをファーサイドで三笘がヘッド。これが決まり、プレミアリーグ初ゴールを記録した。

ドリブルが得意な三笘だが、意外にもプレミアリーグ初ゴールはヘディングで記録することに。前半アディショナルタイムにはロングボールに追いついて仕掛けたところで、ポルトガル代表DFネウソン・セメドに倒されると、DOGSOを主張。主審も一発退場を宣告し、2ゴールに絡むだけでなく、相手を退場させるキレも見せた。

さらに83分には、ボックス左でパスを受けた三笘は、仕掛けからラインギリギリでマイナスのパス。これをデニス・ウンダブが流し、最後はパスカル・グロスが蹴り込んで逆転に成功。チームは2-3で勝利した。

数字上は1ゴールだが、2つのゴールを呼び込み、相手を退場させるという圧巻のパフォーマンスを見せた三笘。イギリス『Sussex Live』は素晴らしい出来だったチーム全体に高評価。その中でも三笘には最高の9点(10点満点)を与えた。

「右サイドバックのネウソン・セメドに対して左ウイングで苦しめ、先発起用を正当化した」

「パワフルなヘディングでクラブで最初のゴールをスタイリッシュに決め、その後、ボックスの端でセメドにファウルをさせ、退場に繋げた」

「常に脅威であり続け、ウルブスは彼に全く対応できなかった」

ロベルト・デ・ゼルビ監督によって2試合連続でスタメン起用され、チェルシー戦で初アシスト、ウルブス戦で1ゴールと結果を残している三笘。いよいよプレミアリーグでも本格的に活躍し始める予感だ。