【J1参入プレーオフ2回戦】
2022年11月6日(日)
13:05キックオフ
ロアッソ熊本(J2・4位/67pt) vs モンテディオ山形(J2・6位/64pt)
[えがお健康スタジアム]

【今季対戦成績】
第2節 2/27
ロアッソ熊本 0-3 モンテディオ山形
【山形】
加藤大樹(前9)
オウンゴール(前45)
國分伸太郎(後29)

第26節 7/10
モンテディオ山形 0-1 ロアッソ熊本
【熊本】
菅田真啓(前35)

◆初のJ1への挑戦権を【ロアッソ熊本】

プレーオフ1回戦ではホームで戦い、大分トリニータと対戦。開始早々に失点する苦しい展開に。しかし、終盤に2ゴールを奪い逆転。最終的には2-2となったが、ホームの力を生かしての勝ち上がりとなった。

あと2勝で初のJ1に手が届くなか、前に立ちはだかるのは山形。大分戦ではストロングポイントを消されることになったが、山形は似たようなスタイル。真っ向勝負ができるだろう。

ポイントは試合の立ち上がり。大分は1分で失点ということ。苦しい戦いを強いられただけに、気をつけたいところ。山形は5分で得点を決めていただけに、警戒しなければいけない。

リーグ戦は1勝1敗。ただ、ホームでは敗れている。いかにして優位性を保てるかが重要となる。

★予想スタメン[3-3-1-3]
GK:佐藤優也
DF:黒木晃平、菅田真啓、イヨハ理ヘンリー
MF:三島頌平、河原創、竹本雄飛
MF:平川怜
FW:杉山直宏、髙橋利樹、坂本亘基
監督:大木武

◆最大の下剋上を【モンテディオ山形】

8位だった最終節で6位に入り、3位で終えたファジアーノ岡山との1回戦では0-3と快勝。この勢いは本物だ。

3試合勝利していない相手に対してついに勝利を収めた中、勢いをもって臨む相手は熊本。似たスタイルを見せる相手だけに、しっかりと自分たちの戦いが出せることが重要だ。

いかにしてボールを握り、自分たちのタスクを遂行するか。3試合連続で3ゴールを記録しているだけに、チームとして乗っている状況でもある。

状態は良い。そして、慢心もないはずだ。しっかりとクラモフスキー監督のプランを遂行できるのか。最後尾からの捲りを見せたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:後藤雅明
DF:半田陸、山﨑浩介、野田裕喜、川井歩
MF:藤田息吹、南秀仁
MF:國分伸太郎、山田康太、加藤大樹
FW:ディサロ燦シルヴァーノ
監督:ピーター・クラモフスキー