Jリーグは6日、10月・11月度の月間優秀監督賞の受賞者を発表した。

明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの鬼木達監督、明治安田生命J2リーグは東京ヴェルディの城福浩監督が受賞した。

鬼木監督は今季2度目、通算6度目の受賞。城福監督はJ2では初受賞となる。

鬼木監督は5試合を指揮して4勝1敗。一時は遠かった3連覇も最終節までもつれ込ませるパフォーマンスを見せた。

Jリーグ選考委員会の総評は以下の通り。

窪田慎二委員
「10・11月は5試合で4勝1敗勝点12を獲得。優勝争いを最終節までもつれ込ませ、J1リーグを大いに盛り上げた。惜しくもシャーレには届かなかったが、最後まで諦めない、積極的にボールを奪いに行く、ゴールを目指す攻撃的なサッカーを展開することで、多くのファン・サポーターを魅了した」

宮本恒靖委員
「重圧のかかる終盤戦で勝ち星を重ねる采配が光る」

北條聡委員
「残り4試合時点で首位と勝点8差という絶望的な状況からの鮮やかな巻き返し。選手たちを奮い立たせる心理マネジメントの妙、勝負どころで流れを引き寄せる采配など、見事なベンチワークを披露した」

寺嶋朋也委員
「負傷や出場停止で主力を欠く中で抜擢した選手が活躍を見せたのは信頼関係の賜物」

また、城福監督は、4戦全勝。7得点無失点と完璧なパフォーマンスを見せ、J1参入プレーオフ行きにあとわずかのところまで迫っていた。

Jリーグ選考委員会の総評は以下の通り。

窪田慎二委員
「10月は4試合全勝で勝点12を獲得。7得点で失点は0と攻守にわたり成熟した試合をみせてくれた。惜しくもJ1参入プレーオフには届かなかったが、J2リーグ戦終盤の戦いを大いに盛り上げてくれた」

宮本恒靖委員
「コンパクトな陣形からボールを奪う瞬間を作り出す守備と、ボールを大事にしながら攻める試合展開で4連勝と、月間無失点は文句なしの成績」

柱谷幸一委員
「月間最多勝点を獲得。途中就任ながらチームを勝つチームへと進化させた」

北條聡委員
「唯一の4連勝かつ4戦連続クリーンシートは見事の一語。しかも仙台、新潟、岡山の上位陣を連破する値打ちもの。ハイテンポで攻守の両輪を回す高強度のフットボールを実装した手腕はさすがだった」

寺嶋朋也委員
「上位陣との対戦が続く中で見事に4連続完封勝利。今季途中で就任してから守備のベースを整備し、終盤に一つの形となった。プレーオフ進出はならなかったが来季の東京Vが楽しみに」