プレミアリーグ第15節、アストン・ビラvsマンチェスター・ユナイテッドが6日にビラ・パークで行われ、ホームのビラが3-1で勝利した。

公式戦9戦無敗と復調気配を見せる5位のユナイテッド(勝ち点23)は、ウナイ・エメリ新監督を迎えた16位のビラ(勝ち点12)を相手にリーグ連勝を狙った。

直近のヨーロッパリーグ(EL)ではレアル・ソシエダに1-0で競り勝ちリベンジを果たしたものの、逆転での首位通過を逃したテン・ハグのチームは、その試合から先発1人を変更。累積警告で出場停止のブルーノ・フェルナンデスに代えてラッシュフォードを右ウイングで起用し、ガルナチョがプレミアリーグ初先発、ファン・デ・ベークが今季リーグ初先発となった。

試合はエメリ初采配のホームチームが予想外に勢いを持った入りを見せる。開始7分、相手陣内左サイドでDFに囲まれながらもキープしたワトキンスがバイタルエリアのラムジーに斜めのグラウンダーパスを差し込むと、ラムジーは冷静にボックス左へ走り込むベイリーへラストパスを供給。ジャマイカ代表FWが鋭い左足のグラウンダーシュートを右下隅へ突き刺した。

さらに、畳みかけるホームチームは11分、ラムジーの抜け出しをDFショーにファウルで止められて得たボックス手前右好位置のFKをキッカーのディーニュが正確な左足のシュートで直接ニアサイドを射抜き瞬く間の追加点とした。

敵地で連続失点を喫する最悪な入りとなったユナイテッドはすぐさま反撃に出たいところだが、メンバー固定の弊害か全体的に身体が重く球際の勝負や切り替えの部分で劣勢を強いられる。そして、距離感の良いホームチームのカウンターに晒されると、再三ボックス内への侵入を許して幾度も際どい場面を作られる。

前半半ばを過ぎて徐々にリズムを掴み始めたユナイテッドは、エリクセンを起点にアタッキングサードで攻撃にスイッチを入れると、34分にはボックス左でエリクセンからパスを受けたガルナチョが細かいステップワークから左足を振るが、これはGKマルティネスの好守に遭う。ここから押し込んでクリスティアーノ・ロナウドのヘディングシュートなどで惜しいシーンを作り出すと、前半終盤にようやく1点を返す。

45分、波状攻撃からボックス手前左のショーがミドルシュートを狙うと、ボックス内のラムジーにディフレクトして大きくコースが変わったボールがゴールネットを揺らし、幸運な形から反撃の狼煙を上げるゴールが生まれた。

辛くも1点差に縮めて後半を迎えたテン・ハグのチームは後半も同じメンバーでスタート。逆転勝利へ勢いを持った入りを見せたが、前半同様に出ばなを挫かれた。

49分、ハーフウェイライン付近でマルティネスのヘディングクリアを回収した流れからカウンターに持ち込んだビラは、左サイドで仕掛けたワトキンスがボックス左に持ち込んでマイナスの折り返しを供給。後方からタイミング良く走り込んできたラムジーがオウンゴールを払しょくする見事な右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺した。

この3失点目で厳しくなったユナイテッドは、ボックス内での接触プレーでロナウドが相手DFミングスと小競り合いを起こして警告を受けるなど、うまくいかない状況にフラストレーションを溜める。

点差を広げたことで攻守にギアが上がったホームチームに対してなかなかチャンスを作れずにいる中、64分には3枚替えを敢行。ファン・デ・ベーク、ショー、ガルナチョを下げてマラシア、エランガ、負傷明けのマルシャルをピッチへ送り出す。この交代で2列目は右からエランガ、マルシャル、ラッシュフォードという並びに。交代直後の67分にはマルティネスのロングフィードに反応したエランガがゴール前でヘディングシュートを放つが、これはGKマルティネスの好守に阻まれた。

以降は相手が守備を固めた中、アタッカー陣をシンプルに使うサイドアタックでゴールを目指すユナイテッドだったが、B・フェルナンデスやアントニー不在でエリクセン以外に出し手不在の攻撃は相手の集中した守備を前に停滞。

選手交代も実らず、後半は決定機さえほぼ作れなかったユナイテッドは1-3の完敗。江メル率いる新生ビラに初白星を献上し、マンチェスター・シティとのダービー以来となる公式戦10試合ぶりの敗戦となった。