リーグ・アン第14節が週末に行われた。

今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。

オナイウvs南野の日本人対決となったトゥールズvsモナコは0-2でモナコが勝利した。

試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半開始早々の46分、カマラのミドルシュートのこぼれ球を拾ったゴロビンがボックス左手前で拾ったゴロビンがゴール右へコントロールショットを突き刺した。

先制したモナコは60分にも、エンヒキのパスでボックス左深くに抜け出した南野のクロスをファーサイドのエンボロが頭でゴールに押し込んだ。

2点を追う展開となったトゥールズは、71分にラファエル・ハットンを下げてオナイウを投入。対するモナコは、77分に南野とエンボロ下げてベン・イェデルとディアタをピッチに送り出したが、最後までスコアは動かず。試合は2-0でモナコが勝利した。

また、伊東が3試合連続のスタメンとなったスタッド・ランスは、ホームでナントと対戦。ゴールレスで迎えた後半、スタッド・ランスは54分にドリブルで仕掛けたバログンがパロワに倒されると、このプレーでパロワに2枚目のイエローカードが提示され退場に。

数的優位となったスタッド・ランスは79分、左サイドからドリブルで仕掛けたファン・ベルゲンがボックス左角付近でアッピアーに倒される。主審は一度プレーは流したが、オンフィールドレビューの結果、アッピアーのファウルが認められ、スタッド・ランスがPKを獲得。これをバログンが難なく決めた。

結局、これが決勝点となりスタッド・ランスが1-0で勝利した。なお、伊東はフル出場している。

また、川島はアジャクシオ戦でベンチ入りも守護神セルスが健在なこともあり、出番は訪れなかった。

★川島永嗣[ストラスブール]
11/5
アジャクシオ 4-2 ストラスブール
◆ベンチ入りも出場せず

★伊東純也[スタッド・ランス]
11/6
スタッド・ランス 1-0 ナント
◆フル出場

★オナイウ阿道[トゥールーズ]
11/6
トゥールーズ 0-2 モナコ
◆71分からプレー

★南野拓実[モナコ]
11/6
トゥールーズ 0-2 モナコ
◆77分までプレー