カターレ富山は7日、GK西部洋平(41)の現役引退を発表した。

西部は帝京第三高校から1999年に浦和レッズに入団。2年目にJ2でデビューをはたすと、3年目はJ1でデビューを果たす。浦和ではJ1で26試合、J2で7試合、リーグカップで9しいあ、天皇杯で6試合に出場した。

2003年途中に鹿島アントラーズへと移籍。鹿島では出番がないと、2004年に清水エスパルスへと完全移籍。正守護神として活躍。清水では2016年から2020年にかけても在籍し、J1通算205試合、J2で6試合、リーグカップで通算49試合、天皇杯で23試合に出場していた。

2011年には湘南ベルマーレに移籍し、J2で38試合に出場。2012年には川崎フロンターレへといせき。4年間でJ1通算82試合、リーグカップで10試合、天皇杯で5試合に出場した。

富山では2021年からプレー。J3で31試合に出場。天皇杯で2試合に出場していた。

J1通算313試合に出場、J2通算51試合、J3通算31試合、リーグカップ68試合、天皇杯で36試合に出場していた。

西部はクラブを通じてコメントしている。

「2022シーズンをもって24年間の現役生活を引退する事に決めました。まずは24年間プロとして戦える丈夫な体に産んでくれた両親には感謝しかありません。そして家族、12年間どんな時も味方でいてくれてありがとう」

「浦和レッズ、鹿島アントラーズ、清水エスパルス、湘南ベルマーレ、川崎フロンターレ、カターレ富山、僕が所属させて頂いた6チームの、スポンサー様、クラブスタッフの皆さん、チームメイトの皆さん、本当にありがとうございました。最高の出会いと、経験、サポート、本当に感謝しています。
そしてファン、サポーターの皆様、どんな時も叱咤激励をして頂きありがとうございました。24年間、喜怒哀楽をともに共有できた事は僕の宝物であり最高の財産です」

「僕は決してエリート街道を歩んできたプレーヤーではありません。こんな僕がプロスポーツ選手として24年間続けてこれたのも、サッカーを通じてたくさんの方々と出会い、たくさんの助言を頂き成長させて頂きました。そしてサッカーというスポーツに育てられ、今の自分があると思っています」

「サッカーにはたくさんの魅力があります。まだまだ未熟者ではありますが、今まで経験させて頂いたことを少しでも伝え、微力ではありますが今後の日本サッカー界の発展に貢献できればと思っています」

「24年間こんな僕と出会い、ともに戦い続けてくれたすべの方々に感謝しています。最高の選手生活でした。本当にありがとうございました」