レアル・マドリーは7日、ラ・リーガ第13節でラージョ・バジェカーノと対戦し2-3で敗戦した。

前節のジローナ戦でリーグ戦の連勝がストップしたマドリーが、2連勝中のラージョのホームに乗り込んだ一戦。

ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)最終節のセルティック戦を圧勝したマドリーは、その試合の先発から出場停止のクロースをチュアメニに変更した以外は同じ先発メンバーで試合に臨んだ。

アセンシオ、ロドリゴ、ヴィニシウスの3トップで試合に臨んだマドリーは、開始早々に失点する。5分、アルバロ・ガルシアのパスで左サイドを抜け出したフラン・ガルシアの折り返しをコメサーニャが左足で合わせると、これがゴール右隅に吸い込まれた。

その後も強度の高いプレーを見せるラージョに対し、マドリーはやや押し込まれる展開に。それでも34分、マドリーはバルベルデとのワンツーでボックス右深くまで侵入したアセンシオがフラン・ガルシアに倒されると、オンフィールドレビューの末にPKを獲得。これをモドリッチが中央に沈めた。

試合を振り出しに戻したマドリーはセットプレーから逆転に成功する。41分、アセンシオの右CKからゴール左手前でフリーのミリトンがヘディングシュートを叩き込んだ。

このまま前半終了かと思われたが、マドリーは得点からわずか3分後にアルバロ・ガルシアにシュートを叩き込まれ、前半は2-2で折り返した。

迎えた後半、マドリーはラージョに再びリードを許す。64分、フラン・ガルシアのロングパスに反応したアルバロ・ガルシアのトラップした浮き球がカルバハルの右腕に当たると、オンフィールドレビューの末にPKを献上。

一度はオスカル・トレホのシュートをGKクルトワが止めたものの、キッカーが蹴る前にゴールラインを離れていたとの判定で蹴り直しに。これをオスカル・トレホにゴール右隅に決められた。

勝ち越しを許したマドリーは、69分にカマヴィンガ、79分にマリアーノ、85分にルーカス・バスケス、ナチョを投入。89分にはバイタルエリア左でボールを拾ったアセンシオのクロスからロドリゴが決定機を迎えたが、シュートは枠の上に外れた。

結局、試合はそのまま2-3でタイムアップ。13戦目して今季リーグ戦初黒星を喫したマドリーが2位に後退した。